シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

どれがオススメ?留学・ワーホリするためのビザ3種類を比較 


目的別にビザを選ぶ…ビザ3種比較

オーストラリアへ留学・ワーホリするためにはビザが必要です。通常は

  1. 観光ビザ
  2. 学生ビザ
  3. ワーキングホリデービザ

のいずれかのビザで渡豪します。

それではどのビザで渡豪するのが一番いいのでしょうか?

観光ビザ

一番気軽に取得できるのは観光ビザです。観光とは言っても語学学校へ通うことが出来るので短期の語学留学の方はこのビザになるでしょう。

観光ビザには①ETA(電子観光ビザ)と②サブクラス600の2種類があります。

①ETA(電子観光ビザ)

通常皆さんが取得するのはETAです。条件は以下になります。

・オーストラリア国外からのみ登録可能。
・就労はできません。
・学校は通えます。
・インターネットで登録が可能で、登録料は$20。
・ビザ交付日から12ヶ月以内であれば、何度でも入国が可能。ただし、1回の滞在は最大3ヶ月までです。

申請は以下のウェブサイトからで日本語で簡単に出来ます。通常は即日発効です。

https://www.eta.immi.gov.au/ETA/etas.jsp

※右上の日本語ボタンで日本語にしてください。

申請に当たっては、以下のものをご用意ください。
・パスポート
・クレジットカード(申請料$20支払い用)

ご自分でも簡単に取得できますが、旅行会社によりますが航空券を購入時に手続きしくれる会社も
あります。※手数料がかかる場合があります。

3ヶ月以内の語学留学の方は、通常はこのETAになります。

②サブクラス600(観光ビザ)

観光目的で滞在できる一時滞在ビザ。条件は以下になります。
・3ヶ月または6ヶ月間、状況によっては12ヶ月間滞在できます。
・就労はできません。
・学校は通えます。
・オーストラリア国内および国外から申請可能。
・インターネットで申請可能

ETAは取得できる国籍が限られているため、例えば中国の方などはこの観光ビザを取得する必要があります。

また日本人にとっても、例えばオーストラリアで学生ビザが修了した後、しばらく旅行してから帰国したい、、といった場合ETAは申請できないのでこの観光ビザの出番になります。
語学学校+旅行などで、3か月以上の滞在になってしまう場合にも有効です。

ちなみにETAやサブクラス600から学生ビザへの切り替えも現地でOKです。※学生ビザに切り替えて学校が始まれば就労も可能です(週20時間まで)。

しかし現地でワーホリビザに切り替えることは出来ません。ご注意ください。

観光ビザがオススメな方

  • 旅行、観光
  • 3カ月以内の短期留学

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ

次にワーキングホリデー・ビザ
このビザは年齢制限があり、30歳のうちにビザ申請する必要があります(出発はビザがおりてから一年以内まで大丈夫)。
他にも細かい条件はありますが、とりあえず年齢制限を満たしている場合は、ワーキングホリデー・ビザを申請するというのも選択肢の1つであり、取得も簡単です。
ワーホリビザの詳細はコチラ
申請方法はコチラ

ワーキングホリデーでは1年間滞在ができ、仕事ができ(1雇用先で6ヶ月以内)、学校に通え(4ヶ月以内)、3ヶ月間ファームで働けばもう一年同じ条件で滞在できるセカンド・ワーキングホリデーの申請も可能になります。
また、ワーキングホリデーから学生ビザへの切り替えも簡単に現地で行えます。

ワーホリビザがオススメな方

  • 海外で仕事をしたい方。
  • 勉強だけでなく1,2年間海外生活をしたい方。

学生ビザ

最後に学生ビザについて。このビザには年齢や期間の制限は無く、就労も可能です(週20時間まで)。
申し込んだ学校から出た入学許可証をもとにビザを申請し、ビザの期間は『通学期間+1カ月』が通常です。

学生ビザがオススメな方

  • 3カ月以上、本気で語学留学したい方。
  • オーストラリアの専門学校、大学、大学院で勉強したい方。

日本人留学生は健康診断が不要

オーストラリアの学生ビザ取得には健康診断が必要でした。
しかし2015年11月20日の発表により、日本を含めた一部の国で健康診断が不要になりました。

アメリカ、カナダ、チリ、ドイツ、イタリア、日本、イギリスなどの国です。
結核などの伝染病リスクが少ないという理由のようです。

健康診断は時間を取られる上、費用も2万数千円かかっていました。これは朗報ですね。

しかしながら、滞在期間や滞在目的、特殊な状況、持病などにより健康診断の指示が来ることもあります。ご注意ください。

DKで学校を申し込み、留学・ワーホリされる方はビザ申請を無料で代行しております。お気軽にご利用ください。

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ