シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

オーストラリア留学・ワーホリにペットを連れていく


オーストラリアにペットを持ち込む

オーストラリア留学・ワーホリにペットを連れていく

長期滞在になる留学やワーキングホリデーの場合、日本で飼っているペットをオーストラリアに連れていって一緒に暮らしたい!!という方も多くいると思います。

オーストラリアへのペット持ち込みを管理するのはDepartment of Agriculture and Water Resourcesです。
役割は、オーストラリアの動植物や人々の健康、環境に影響を及ぼし得る他国の害虫や病原体の侵入を防ぐために、必要な検疫を行うというものです。

例えば、オーストラリアに到着した際に受ける荷物検査も同じです。
検疫の対象となるものは漏れなく検査・処理を受け、また必要であれば没収、破棄されるという具合です。

オーストラリアの検疫の厳しさは世界でも屈指。特に犬・猫以外のペットの持ち込みは非常に難しいです。
ここでは一般的な犬・猫の持ち込み方法をご紹介します。しっかり準備してペットの負担を最小にしてあげたいものです。

オーストラリアへ持ち込みできるペット(犬・猫)の条件

以下の条件に該当する犬・猫を連れていくことが出来ます。

  • ペットの年齢が12週以上である
  • ペットが妊娠している場合は3週間以内または授乳中でないこと
  • 持ち込み前の6ヶ月以上、日本にいること
  • 次の犬種は持ち込めません(ドゴアルジェンティノ、フィラブラジェイロ、土佐犬、ピットブル、 アメリカンピットブル、プレサカナリオ(マステイフ系))

ペット(犬・猫)の持ち込み手続き手順

基本的な流れをご説明します。

1. マイクロチップ

ペットの身元を明らかにするため、獣医師の処方によりマイクロチップを取り付ける必要があります。マイクロチップは 指定のタイプを使用。
かわいそうですが、もし迷子になってしまった際に飼い主のもとへ戻れるようにする意味もあります。

2. Permit to import(輸入許可書)の申請

Department of Agriculture and Water Resourcesのサイトから申請用紙をダウンロードし記入。FAX・e-mail・郵送のいずれかで送ります。申請から手続き終了までは時間がかかりますので、5か月以上のよゆうを持って申請をして下さい。

3. Permit to import(輸入許可書)取得

申請後10日前後で 輸入許可書が送られてきます。
出発前にすぺき予防接種と検査の案内も同時に届きます。
ペットを送る際はこの輸入許可書を一緒に送りますが、許可書の有効期限は発行された日から6か月間です。

4. 検疫施設の予約

ペットがオーストラリアに到着後、一定期間の検疫をする必要があります(日本からの持ち込みは30日間以上)。
検疫期間中は、ペットを滞在用施設に宿泊させます。施設はメルボルンのみ。宿泊費・諸費用などが別途必要です。
輸入許可書を受け取ったあと、各自で連絡し予約を 入れます。

5. 検査・ワクチンの接種など

認可された獣医によるワクチンの接種・検査や書類の記入。おもな検査は以下の通り。

  • ペットの出国日の1年前~14日前までに済ませるワクチン(ジステンパー、イヌ伝染性肝炎(ヘパタイタス)、犬パルボ、パラインフルエンザ、ケネル・コフなど)
  • 犬の出国日の30日以内に済ませる検査(ブルセラ症・エールリヒ病・レプトスピラ病・体内外の寄生虫の有無・血液検査など)
  • 犬の出国日の4日以内に済ませること(体内外の寄生虫トリートメントなど)

6. ペット輸送の航空会社手配

ペットが通過できる空港は、シドニー・メルボルン・パース空港のみ。
飛行機に犬を乗せるにあたっては、貨物扱いになります。
各航空会社の規定のサイズに入れ物(ケンネルなど)を合わせる必要がありますが、入れ物はただ犬が入ればいいわけではありません。犬が立てること・無理のない体勢で体を伏せられること・方向を変えられるだけのスペースがあることが条件になっています。
航空会社によっては積荷前の犬に鎮静剤や麻酔を与えないよう注意をうながしているところもありますので、航空券を予約する前に確認してください。

7. 輸出前検査・ペットの出国

出国する空港の検疫所で、検疫官による健康診断と書類の完成を行います。
これらは出発当日に行われるので、輸入許可書やその他証明書を持って空港に行き、書類を提出します。

8. オーストラリア到着後

空港には AQIS のスタッフが迎えに行き、検疫所に連れて行きます。検疫所にはベットや食事のほか、グルーミング・クリーニング・風呂・クリニックなどの設備も整っており、検疫期間中は専門のスタッフが世話をします。事前に予約を入れれば面会もできます。検疫にかかる費用はペットが到着後に受取人に請求され、検疫終了までに支払います。

まとめ

詳しい情報は Department of Agriculture and Water Resourcesのホームページもご参照ください。
日本は検疫対象国のグループ2に該当するので、詳しい手順は以下のページで確認できます。
・猫の持ち込み手順詳細
・犬の持ち込み手順詳細

なお、過去に犬や猫と一緒に留学・ワーキングホリデーをした方もいらっしゃいます。

しかしながら年々動物の持ち込みは厳しきなってきており、皆さん大変な手間と費用が掛かっています。
また飛行機での移動や施設での生活は、ペットにとっても大きな負担になります。
現地でもペットと一緒に住めるシェアハウスを探す必要があり、これもなかなか大変です。

留学・ワーキングホリデーは1~2年の場合がほとんど。
可能であればペットはご家族や友人に預ける方が、本人にもペットにとっても良いようです。

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ