シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

シドニーに持ち込めないモノまとめ


シドニー持ち込めないもの

長期滞在となる留学やワーキングホリデー。持って行きたいと思う荷物は多いことでしょう。

しかし、食品・植物・動物製品などをシドニーに持ち込む場合には厳しい制限があります。

この制限はオーストラリアの環境と農業の保護に役立っています。食品・植物・動物製品(よくあるお土産品の多くを含む)等を現地へ持込むことは、深刻な害虫や病害の侵入経路となりかねません。

また、現地へ持ち込みたいと思うもの、特に食品はアジア・日本食品店で簡単に手に入ります。ほとんどのものは現地調達できるものと考えて、荷物の準備をしましょう。

申告しなければならない品目

シドニー到着前に、飛行機内で入国用乗客カードが渡されます。食品、植物・動物製品をお持ちの場合は、YES に印を付けて申告してください。分からない場合もYESに印をつけるのが基本です。

対象となる物を申告した場合には、検査を受けるために検疫官のところに行くように指示されます。

大半の場合、申告した物は返却されます。しかし申告後に指示された破棄を行なわなかったり、虚偽の申告を行なった場合にはその場で $220 の罰金が科されるか、起訴され罰金 $60,000 以上や 懲役10年 が科せられることもあり得ます。

なお、物品の申告を希望しない場合には、空港ターミナル備付けの検疫用ゴミ箱に捨てることができます。

食品

  • 調理済及び生の食品と材料
  • 乾燥及び生の魚や魚介類で、寿司及び魚卵を含む
  • 乾燥及び保存果物。梅干し(販売用に製造され包装されたものであること)
  • 乾燥及び保存野菜で、漬物や茸類を含む
  • インスタントヌードルを含む麺類やご飯類
  • 生や乾燥した海藻、葉、その他の植物で巻かれた食品
  • ソース、ドレッシング、調味料
  • 機内食を含むレトルト食品等の加工食品
  • ハーブとスパイス
  • 漢方薬、伝統薬、治療薬、トニック、ハーブティー
  • スナック類
  • ビスケット、ケーキ、菓子類
  • 紅茶、コーヒー、ミロやその他の乳性飲料

動物製品

  • 羽、骨、角、牙(清潔で細胞組織が付着していないこと
  • 皮、獣皮、毛皮(太鼓や楯を含め、生皮は処理が施されていない限りは持込み禁止
  • 羊毛や獣毛(原毛、紡ぎ糸、工芸品を含む
  • はく製の動物及び鳥類
    (一部の品種については絶滅危惧野生生物法により持込 みが禁止されている場合あり)
  • ジュエリーや土産品を含む貝殻類。サンゴ礁については絶滅危惧野生生物法に より持込み禁止
  • 蜂蜜、ハニーコム、ローヤルゼリー、ビーワックス等の蜜蜂製品。※ポレン(花粉)は持込み 禁止
  • 獣医用器具や薬品、羊毛刈りや食肉処理用器具、サドルその他馬具、動物用カゴ、鳥カゴ等の動 物関連用具で使用済の物
  • ペットフードやペット用おやつ。生皮でできた犬用咀嚼製品を含む。魚の餌は持込み禁止。

植物やその一部を使った品物

  • 塗料の塗ってある物や漆製品を含む木製品や彫り物(樹皮は持込み禁止のため、没収ないしは処 理を要します)
  • 植物でできた芸術品、工芸品、骨董品
  • 植物でできたマット、バッグ、その他製品、ヤシの葉でできた物 も含む(バナナの葉でできた 製品は持込み禁止)
  • 麦わらを用いた製品及び包装材
  • 竹、籐、ラタンでできた籠や家具類
  • ポプリやココナッツの殻
  • 種でできているか、種の入った物品
  • クリスマス用デコレーション、リース、装飾品(松ぼっくりは持込み禁止)
  • ドライフラワー
  • 生花やレイ(バラ、カーネーション、菊等茎からも繁殖可能な花は持込み禁止)

その他の物品

  • 動物ないしは植物でできたクラフト類やホビー製品
  • 使用済のスポーツ・キャンプ用具で、テント、自転車、ゴルフ用具、釣り具を含む
  • 土、糞、植物の付着した履物・ハイキングブーツ

持込みに注意が必要な品目

これらの物は持込みに注意が必要であり、場合によっては検疫検査局 により没収され破壊処理がなされます。または空港の検疫用ゴミ箱に自ら捨てることもできます。

詳しくは以下のオーストラリア大使館ウェブサイト内、検疫のページもご確認ください。

http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html#caution

留学生やワーキングホリデーでは、食品を中心に注意が必要でしょう。ホストファミリーへのお土産や自分の好きなものなど、荷物の準備には以下で該当するものが無いかご確認ください。

卵と卵製品

以下の卵製品は、基本的には持ち込みが禁止されています。

  • 卵そのもの
  • 乾燥・顆粒状の卵
  • 卵を用いた製品全てで、マヨネーズ、 親子丼、卵粥、中華丼、生のラーメンやエッグヌードル、乾燥卵入り麺、卵入りカップヌードル、卵入りご飯・スープ調味料類を含む
  •  クリームまたはミルクを含んだソース類、スープ、食品等全ての乳製品 で、マカロニ、ムサカ、チャウダー、ヨーグルトドリンク、顆粒ココア ドリンク、カルピス、チーズスティック(ただし特定の口蹄疫未発生国産のものは除く)

しかしながら、現在は以下の条件を満たしていれば持込可です。

a) 常温で6ヶ月以上保存可能であること
b) 商業的に製造・包装された製品であること
c) 1kgもしくは1リットルまでの量であること
d) 持込または郵送しようとする本人の個人消費目的であること

 乳製品

乳製品は日本などOIE口蹄疫清浄国で生産・加工された製品であれば持ち込み可能です。個人消費目的の場合、固形の乳製品は10kg、液体は10リットル、液状の濃縮食品は2リットル、乾燥食品は2kgまで持込が許可されています。

また、乳児同伴の場合に限り、上記の制限量に加え、ボトルに入れた調乳済みミルクおよび開封済みのベビーフード1個も持ち込めます。

缶詰め以外の肉製品

肉製品は常温で6ヶ月以上保存可能な市販の缶詰、レトルト、瓶詰め製品であれば持ち込めます。

肉由来のエキスやブイヨンを使った製品(カレーやシチューのルウーなど)は、肉片や動物性食用油脂(牛脂、豚脂(ラード)など)が含まれていない製品であれば持込可です。

日本など口蹄疫清浄国で生産されたジャーキーなどの干し肉(商業的に製造され、長期常温保存可能な市販品に限る)は、個人消費目的で持ち込むのであれば1kgまで持込可です。

それ以外の肉製品は生、冷凍、薫製、塩漬け、保存肉、調理済み、いかなる形態のものも持込が禁止されています。

  • 全ての種類の動物の肉 – 生、乾燥、冷凍、調理済、薫製、塩漬け、 保存肉でサラミ、ソーセージ、ラードを含む
  • 鶏釜飯の素、麻婆豆腐(鶏肉)
  • チャーハンの素、魚肉ソーセージ(ラード)
  • 肉入りの麺
  • 中華三昧(ラード)
  • とろみハオ麺(豚肉エキス、ラード)
  • ペットフードは全て持込み禁止

生きた動物

犬・猫以外のペットは持ち込む禁止です。一切の哺乳類、鳥類、鳥類の卵と巣、魚類、は虫類、両生類、昆虫など。

種子やナッツ類

食用の種子の持込条件は、栽培用種子と同様に植物の種類毎に個別に規定されています。基本的には持ち込みが難しいとお考えください。

  • 小豆、大豆、赤豆等の未調理の豆・種子類
  • 米、シリアル用穀物、ポップコーン、未加熱のナッツ類、栗、松ぼっくり、粒餌、正体不明の種子類、一部の販売用種子類、果物・野菜の種子
  • 種子でできた装飾品(ギフト用包装に飾りとして使われる物等)

なお、商業的に加工(ローストなど)・包装してある種子およびナッツは持込可です(2kgまで)。

生の果物や野菜

生および冷凍(未調理)の果物、野菜の持込は原則禁止されています。これには漢方、生薬なども含まれます。

 

  • リンゴ、バナナ、柑橘類、核果類等、全ての生及び冷凍の果物・野菜

ドライフルーツおよび乾燥加工した野菜は、種、根、皮などが含まれておらず、申告の上検査で問題が見つからなければ持ち込めます。ただし、乾燥していても未調理の豆や穀物は持ち込めません。製粉されていれば持ち込めます(例: 大豆、小豆、胡椒など)。

穀物で外皮が取り除かれていないものは、事前に検疫処理を施し輸入許可を取得しなければ持ち込めません(例: 玄米)。ぬかは持込可です。完全に精米してある米は申告の上、10kgまで持ち込めます(原則、未開封の市販品のみ)


その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ