シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

留学・ワーホリ生活で使える!ドンキー君の英語講座

【留学・ワーホリ英語講座その8】難しいけど知っておくべき!否定疑問文の使い方


ドンキー君の近況

ドンキー君は、現在ワーホリで来豪して早10ヶ月。こちらでの生活にも慣れてきて blah-blah-blah ・・・ ということで、前回の「日常会話で使える実践文法」のアドバイスを実行したドンキー君。手ごたえがあったのかな?やる気が出てきたようです。しかし今回はみんな苦手の否定疑問文。大変だけど、留学やワーホリなど英語で生活するなら使えるようになりたい文法です。
ドンキー君
先生、この前シティのパブで好みのタイプの女の子に「Aren’t you Japanese?」と聞かれて「No, I am Japanese.」と答えてしまい、お近づきになるチャンスを逃してしまいました・・・ 否定疑問文に対する答え方を基本からご教授いただけないでしょうか?

いくこ先生
・・・今回はよほどこたえたのかやけに謙虚ね。気持ち悪いわ。

ドンキー君
くっ・・・ 不肖ドンキー、心を入れ替えて勉学に勤しむ所存でございます。

いくこ先生
まず例をあげるわ。この質問すべてにサラッと答えられるかしら・・・
① Are you Japanese? (日本人ですか?)
② Aren’t you Japanese? (日本人じゃないよね?)
③ Are you Japanese, aren’t you? (日本人だよね?)
④ Aren’t you Japanese, are you? (日本人じゃないよね?)
⑤ Are you Chinese? (中国人ですか?)
⑥ Aren’t you Chinese? (中国人じゃないよね?)
つまり、①~④についてはすべて答えは同じで「Yes, I am Japanese」と言わなければならないのよ!! ⑤⑥についても同じでどちらの答えも「No, I am not Chinese. I am Japanese.」。
日本語で「日本人じゃないよね?」と聞かれると「いやいや、日本人だよ」と答える感覚で、英語で「Aren’t you Japanese?」聞かれたときにも「No」と答えがちだけど、英語では常に「Yes」と答えなければいけないのよ!! 英語では「日本人だよね?」や「日本人じゃないよね?」のどちらで聞かれても、答えは「Yes, I am Japanese.」か「No, I am not Japanese.」の2通りしかないの。くれぐれも⑥のように「Aren’t you Chinese?」と聞かれて「Yes」と答えないようにね!!

ドンキー君
先生、否定疑問文で質問されたときに、慌てることなく「Yes/No」を間違えずに答える秘伝もご教授いただけないでしょうか・・・

いくこ先生
間違えないコツは、
相手が言った内容に対して「Yes/No」を考えるのではなく、事実で「Yes/No」を考えること。
友達と何度も練習すること。自分からも意識的に否定疑問文を相手に使ってみること。
混乱しそうになったら「Yes/No」だけでなくその後ろにコメントを加えるのがいいわよ!!
You haven’t been there , have you? (そこに行ったことないんだよね?)
No, but I’d like to. (ないけど、行ってみたいわ)

ドンキー君
なんか、使い方がわかって、やる気になってきたぞ!! やる気モリモリ!!
とりあえず、次回までに先生の教えに従い、日々精進します!!

いくこ先生
英語を聞くとき、話すとき、やっぱり『文法』が大切になってくるのよ!! 疑問文には上で説明したように肯定疑問文、否定疑問文、付加疑問文などいろいろあって・・・この続きはまた!!
次回は『Why と Why not と How comeの違い』よ!! お楽しみに!!

ドンキー君
えっ、ケチ臭いなあ・・・ 今、教えてくれてもいいのに・・・『Aren’t you Japanese?』への答え方が分かったから、前回習った『現在完了形と過去形の使い分け』も復習しとこう!!

いくこ先生
習った文法は実際使ってみることが一番大事よ!! それにはワーホリや語学留学がおススメ!! 詳しくはDKのウェブサイトを見てね!! じゃあまたね!!

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他の【留学・ワーホリ向け】ドンキー君の英語講座

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ