シドニー専門留学&ワーホリのDK

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

運転免許と国際運転免許


運転免許と国際運転免許

日本の免許の更新と、現地での免許はどうしたらいいの?

運転免許証

オーストラリア滞在中に有効期限になってしまう時は、出発前に更新しましょう。もし更新を忘れてしまった場合も、帰国後に更新することが出来ます。

出発前に更新

通常は1ヶ月前から運転免許証の更新が可能ですが、留学・ワーホリに行く方は事前に運転免許の更新をする事ができます。パスポート・ビザ書類など更新期間中に海外にいることを証明するものを持って行く必要があります。更新の受付場所は各都道府県によって異なりますので、お近くの警察署などでご確認ください。
※事前に更新した場合、新しい運転免許証の有効期間が通常より短くなります。

帰国後に更新

留学・ワーホリなどの海外滞在で、やむを得なく更新できなかった場合は、帰国後に更新することも出来ます。ただし手続きが複雑になったり、あまりに時間が経つと更新出来ないこともあります。出発前に更新しておいた方が良いでしょう。
詳細は 警視庁のホームページ をご参照ください。

国際運転免許

国際運転免許証とは、日本の免許を持っている方が渡航先の免許証を持っていなくても1年間運転が可能になる免許証。例えばNSW州の場合だと永住権保持者は3ヶ月まで、 ワーキングホリデー・学生ビザの方は1年間有効です。※州により異なります

なお、1年以内に一時帰国する方の場合は、日本に帰国した際に新しい国際運転免許証を取得すればそこから 1年間有効。ただし、この国際運転免許証はフォーマルな形で身分証明書としては認められない場合もあるのでご注意下さい。

国際運転免許証は身分証明書にもなり非常に便利。日本の免許証を持っている人は、できれば取得しておきたいものです。

取得方法は、居住地の運転免許試験場又は警察署で簡単に申請できます。運転免許センターで申請された場合には即日交付を行いますが、警察署で申請された場合には交付まで2週間程度かかるようです
詳細は 警視庁のホームページ をご参照ください。

申請には有効期限が1年以上の免許証が必要ですが、その前に切れてしまうようなら期限前更新ができます。
また現地で運転する場合は、州によって国際運転免許証だけでなく日本の免許証携帯が必要な所もあるので、両方持って行くと安心です。

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia