シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

オーストラリアの銀行口座


オーストラリアの銀行口座

留学・ワーキングホリデーでは、1年から2年以上の長期滞在になる方も多いです。学費や生活費を安全に管理するため、今や現地の銀行口座を持つ ことは不可欠となっています。
例えば多くの現金を持ち歩くことは危険なので、お金は銀行口座に預けてる方が良いでしょう。必要な分だけ、その都度ATMから引き出せば安全です。 また日本から生活費などを外国送金してもらう場合も、現地銀行口座が必要です。
さらに、現地ではアルバイトをする方がほとんどでしょう。お給料は銀行振り込みの場合が多いので、銀行口座が必要になってきます。
留学生やワーキングホリデーメーカーは、オーストラリアの銀行口座を開設すると非常に便利です。日本と同じようにキャッシュカードも持ち、必要な分だけATMから引き出せます。ATMはほとんどの街にあるので、旅の途中でも利用できるでしょう。またキャッシュカードにはEFTPOS(エフトポス)と呼ばれる機能がついています。日本でのデビットカード機能ですが、これが非常に便利。スーパーでの買い物からレストランの会計、電車やバスの料金まで様々な支払いが可能です。支払った金額はすぐに銀行口座から引き落とされますので、もし残高が無ければ支払いができません。つまりクレジットカードのように使いすぎることもなく安心です。
さて、そんな便利なオーストラリア銀行口座の開設方法と利用方法をご案内します。

オーストラリアの主要銀行

オーストラリアで主要な銀行は4行あり、4大銀行と呼ばれています。シドニーなどの主要都市では市内のいたるところに4大銀行の支店・ATMがあり便利です。一方で4大銀行以外のマイナーな銀行では、支店やATMが少なく不便なことも。現地の銀行口座は4大銀行で作る方が良いでしょう。4大銀行は以下の通り。

ANZ (Australia and New Zealand Bank) (オーストラリアニュージーランド銀行)

175年以上の歴史をもつ老舗銀行。本店はメルボルン。オセアニア地域を中心に、アジアなど環太平洋諸国に店舗があります。

Commonwealth Bank (コモンウェルス銀行)

100年以上の歴史を持ち、設立当初は国営銀行として機能していました。日本での日銀に相当します。1990年に民営化しましたが、現在も時価総額ではオーストラリア最大の銀行として機能しています。本店はシドニー。こちらもオセアニアを中心にアジア諸国に海外展開しています。

Westpac Bank (ウェストパック銀行)

約200年の歴史をもつ銀行。本店はシドニー。オセアニアを中心に、アジア諸国や南西太平洋初頭にも展開しています。

National Australia Bank (ナショナルオーストラリア銀行)

資産額ではオーストラリア最大の銀行です。本店はメルボルン。オセアニアやヨーロッパを中心に展開しています。

営業時間は各銀行により異なりますが、一般的な営業時間は、月曜日から木曜日が9時~16時まで、金曜日は9時~17時までとなります。また街中にあるATMは365日24時間利用できます。

オーストラリア銀行口座の種類

オーストラリア銀行口座の種類には主に以下のものがあります。

Saving Account(普通預金口座)

日本の普通預金口座と同様、出し入れ自由で一般的な口座です。ほとんどの留学生はこの口座を開設します。普通預金口座の中には、毎月銀行口座の維持費が5ドル程かかりますが窓口の利用やATMの無料利用回数が多いもの、月々の銀行口座維持費が無料ですがATMの利用回数が限られているもの、学生の方向けにも優遇処置のある口座などがあります。各銀行で用意されているサービスを上手に利用すると良いでしょう。

Term Deposit(定期預金)

留学・ワーキングホリデーの滞在者で利用される方は少ないですが、オーストラリアは金利が高いため上手く利用する方もいるようです。ちなみに年利5%以上が当たり前で、日本に比べてかなり高金利です(2009年現在)。

Check Account(小切手口座)

自分の小切手が使え、小切手での支払いが可能になる口座です。口座維持費が高く、利子が付きません。この口座は留学・ワーキングホリデーの滞在者が開設することはまずありません。しかし、小切手を受け取った場合には、銀行の入金記入用紙に必要事項を記入し小切手用のボックスに入れるか、窓口で入金処理をします。入金処理されるまで 3 日~ 5 日ほどです。

口座開設方法と必要なもの

オーストラリア入国後6週間以内であれば、比較的簡単に口座開設ができます。6週間を過ぎてしまうと必要書類が増えて手間がかかりますのでご注意ください。
一般的には、必要なものは以下の通りです(2015年9月現在、変更することもあります)。

  • パスポート
  • 現金(最初に預けるお金です。数十ドルでOK)

※銀行によっては、学生証(発行されてない場合はCOE)を持っていれば、学生用のお得な口座プランを利用することもできます。

入国後6週間を過ぎたり、普通口座以外の銀行口座開設には、各種身分証明書の提出が必要です。身分証明書にはそれぞれポイントがあり、総合ポイントが100点以上必要となります。
※ポイント数は銀行によって多少異なります。

以下は例ですが、これらの身分証明書持って銀行窓口で口座開設の申込みをします。

  • パスポート: 70 点
  • 現地運転免許証: 40点
  • クレジットカード: 25点
  • 光熱費や電話の請求書: 25点
  • アパートの契約書: 25点
  • メディバンクカード: 25点

口座申込み後は、1週間程で銀行のキャッシュカード(Bank Card)と暗証番号(PIN Number)が指定の住所にに郵送されてきます。

※暗証番号は当初ランダムな数字になっていますが、銀行窓口などで自分の好きな番号に変更できます
※暗証番号の登録は銀行によりシステムが異なります。

銀行窓口での申込み方法

銀行窓口でのお申込み時の、一般的な英語のやり取りが以下になります。基本的にはこの流れなので参考にどうぞ。しかし英語は言葉です。このやりとり通りにならないことも多いと思います。ゆっくりと話し、一つ一つ確認しながらチャレンジしましょう。

窓口:Welcome to ○○ Bank. May I help you?(○○銀行へようこそ。どのようなご用件でしょうか?)

自分:I would like to open my new account please.(新しく自分の銀行口座を開設したいです。)

窓口:What kind of account would you like?(どの種類の口座をご希望ですか?)

自分:I would like to open saving account please.(普通預金口座を開設したいです。)

窓口:May I have your passport please?(パスポートを見せていただけますか?)

自分:Yes, please.(はい、どうぞ。)※パスポートを提出しましょう。

窓口:What kind of visa do you have?(どの種類のビザを持っていますか?)

自分:I have a student visa.(学生ビザです)※ビザ発給メールのプリントアウトを提出しましょう。

窓口:Could you tell me your address and contact number please?(住所と電話番号を教えていただけますか?)

自分:Yes, please.(はい、どうぞ)※住所と電話番号書いたメモ書きなどを提出しましょう。

窓口:How much money would you like to deposit in your account?(口座にいくら預けますか?)

自分:$100 please.(100ドルお願いします。)※お好きな金額の現金を提出しましょう。

窓口:Could you select your PIN number please?(ピンナンバーを選択してください)

自分:OK. ※暗証番号を入力する機械があります。お好きな番号を入力しましょう。

ATM利用法

基本的には日本のATMと同じで、以下のような流れになります。なお、1日に引出しできる金額が限られているので(通常$1000)ご注意ください。

  1. キャッシュカードを入れる。
  2. PIN(暗証番号)を入力して”OK または Enter”を押す。最近はタッチパネルも増えています。
  3. 取り引きを選択します。
    • Withdraw: 現金引き出し
    • Deposit: 現金預け入れ
    • Balance: 口座残高
    • Transfer: 振込み
    • 以上の中から、 WITHDRAWAL(引き出し)を選ぶ。

  4. 次の画面でSAVlNGS(普通預金)/を選ぶ(クレジットカードで引き出す場合はCREDlTを選ぶ)
  5. 金額を入力する

現地で銀行口座を開設すれば、日本からの送金を受け取ることもできます。
日本からの送金方法ですが、銀行などの金融機関外国送金の手続きができます。
手続きの詳細は各銀行で確認できますが、どの銀行も送金に手数料がかかります。1回につき数千円が目安です。送金の期間は1週間程度です。

EFTPOS(エフトポス)って何??

EFTPOS(エフトポス)とは Electronic Funds Transfer at Point of Sales の略で、銀行のキャッシュカードに付いている機能です。システムは日本のデビットカードと同じ。スーパーなどでの支払代金を、銀行キャッシュカードで支払うことができます。代金は自分の銀行口座から直接引落されます。オーストラリアでは大変普及しており、現金を持たなくて済むので非常に便利なサービスです。EFTPOS(エフトポス)が使えるお店には、エフトポスのロゴマークがあります。オーストラリアのほとんどのスーパー・レストラン・ガソリンスタンド・郵便局・コンビニなどで使えます。

利用方法ですが、お店のレジにはカード読みとり機があり、機械にカードを通して暗証番号を打ち込みます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 支払いをEFTPOS(エフトポス)にすることを伝えます。
  2. カード読み取り機にキャッシュカードを通す。
  3. 読み取り機の口座種類ボタンを選ぶ。通常は普通(Saving Account)。
  4. 4桁のPINナンバー(暗証番号)を入力。

ちなみに支払いとともに、現金を引き出すこともできます。その際は現金を引出したいこと、そして金額を店員さんに伝えればOK。支払金額に引き出した金額も加えて精算してくれます。 なお、EFTPOSで1日に利用できる金額は限られています(通常$1000)
利用限度額はATMの利用との合計額になっており、例えばATMで$500引き出すと、その日のうちにEFTPOSで利用できるのは残りの$500です。ご注意ください。大変便利なEFTPOS機能、是非使ってみてください。

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ