シドニー専門留学&ワーホリのDK

ブログ

オーストラリアでも日本の商品が欲しい!個人輸入の方法

2009.08.21


日本の化粧品など、オーストラリアに無いものが欲しい!
という場合は個人輸入になります。

日本からの品物を配送する場合、郵便局を利用すれば普通にこちらに届きます。

品物や金額によって異なりますが、ふつうは申告額が$1000以上の場合は税金の支払いが必要になります。

【日本で業者から購入し、業者が輸出する場合】
シドニーに荷物が着いた後税金の支払いが必要な場合は電話で連絡がきます。
そこでクレジットカードのナンバーを伝えて税金を支払うことが可能です。

【個人から送られてきた場合】
荷物自体が保管所で止められる場合もあります。
その場合は指定の場所に荷物を引き取りに遺棄、内容物に関して税金を支払って荷物を受け取る流れになります。
これも、こちらで準備する書類は特にないです。

輸入するそれぞれの商品、輸入が制限されているものの詳細は
DKのウェブサイトをご参照ください。
https://dktokyo.com/preparation_info/junbi_motikomenaimono/

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のブログ

2016/10/12/
イベント情報!Paramatta Lanesが開催中です!
2016/10/01/
シドニーでは2016年10月2日からサマータイムです!
2016/09/29/
バックパッカー税問題、ついに収束!?
2016/09/07/
今年もやってきました!シドニーマラソン2016
2016/08/31/
オーストラリアの5ドル札が新しくなります!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia