シドニー専門留学&ワーホリのDK

何を学ぶ?人気の留学プラン

【保存版】留学/ワーホリでサーフィンも楽しめる?知っておきたい現地事情やビーチまとめ☆

公開日:2019.02.10 更新日:2019.02.15


コアラ

せっかくオーストラリアに留学・ワーホリをするから、日本にいてもできないことをしてみたい。
けど知らない土地だし、友達もそこまでいないし、何をすればいいの。。と思っている皆さんへ!!!

ズバリ、オーストラリアへ行ったら自然を身体、心で感じましょう。オーストラリアには自然しかありません。大げさに言うわけではありませんが、”自然の中に人間が住まわせてもらっている”感じです。

そして今回紹介したいのが “海” “サーフィン” “英語”を楽しむ留学・ワーホリです。
シドニーで4年間を過ごし、サーフィンにはまったDKスタッフのTAKAがご紹介します。

海というとケアンズやゴールドコーストもいいですが、、、実はシドニーが最高です!

シドニーはどこの海もキレイです。私も4年間暮らしていましたが”飽きること”はありませんでした。

そしてシドニーにはきれいな海だけでなく超便利な街があります。たくさんの外人の友人もできます。仕事も多いです。今回はシドニーを中心にご紹介します。

ちなみにどこのビーチにも”BBQ”ができる鉄板が設置されているので、近くのスーパーで肉、野菜、パンを買ってしまえば手軽に”BBQ”も楽しめてしまいます。(休日などは混むため早めに行って場所取りをしましょう)。

ビーチのBBQ台

またシドニーのサーフィン事情とおすすめビーチもまとめてあるのでそちらも見てくださいネ!!

そしてサーフィンも良いけど学校に行って英語も学んでしゃべりたい!それが本来の目的ですよね!?
ご安心下さい。DKはオーストラリアの全ての語学学校へ入学することが可能です。もちろんシドニーの学校もすべてOK。その中でもBeachに近くてサーフィンもすぐできちゃうオススメの語学学校を3つほどご紹介しています。

シドニーのサーフィン事情まとめ

まず紹介したいのが”サーフィン”です。

サーフィンで有名な場所で思い浮かぶのは”ハワイ”かもしれませんが、実際のところハワイは30ほどのスポットに対して、オーストラリアは100程あります。

ハワイは常に観光客でBeachが混雑していますが、オーストラリアはそこまで混雑していないので、落ち着いて楽しむことが可能です。

実際に私も現地で暮らしているときは、朝5時に起きてサーフンをして近くのカフェでコーヒーを飲んで学校へ通っていました。
最高の暮らしだったな。。と今考えると思います。

でも、ボードとかウェットスースとかないし、移動とか大変そう。。。
決してそんなことはありません。

ボードなどはJAMS.TV又はGumTreeなどのサイトで安く買えます。正直ボードは中古で全然問題ないと思います。
なぜかというと、確実に折ります!!私も何本折ったかわかりません。。なので中古で問題ないと思います。

ウェットスーツなども同様のサイトで売っていますが、さすがに人が着た後のスーツは嫌だったので買いました。
それでも$200もしないくらいで買えます。セールの時に買えばもっと安く買えますよ!!

*注意)JAMS.TVは基本的に”日本人に向けた”求人、住まい、物を”日本人”が記載しているので、比較的安心できるサイトなっていますが、GumTreeは現地の人が使用するJAMS.TVのようなものなので、信用し過ぎるのは危険です。
私も基本的にはJAMS.TVを使用していたので。。。

移動手段に関しても、シドニーは東京と同じくらい公共の乗り物が便利ですので、問題なくBeachに行けます。
サーフボードなどを持って電車&バスにも日本みたいに気を使わなくて乗れます。
オージーも普通に自転車を乗せてきたりするので。。

海を楽しもう!シドニーのノース側(北)ビーチ3選

まずはシドニーのノース側のBeachを紹介します。
やはりシドニーでEnjoyワーホリするならBeachの近くで暮らすのが最高です!!
これは言い切れます!!日本のような海辺も海も汚なっ。みたいな場所は一つもございません。
サーフィンする側、遊泳する側と別れているので安全に遊べます。
そして、学校や現地であった子とデートで行くようなしっとりとした場所も紹介しちゃいます♡

Manly Beach(マンリービーチ)

まずノースのBeachといえば、、、Manly Beachです。
シドニーに行ったこともない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
シドニーにあるビーチの中でも有名な場所です。
夏の時期には砂浜に誰でも遊べるビーチバレーができるスペースができるので友達とワイワイしましょう!!

そして近くにWoolWorths&Colesのスーパーがあるので食材、日用品全て揃うので住んでも問題ありません。
Cityまでも直通のバスが走っているので、交通面でも不便することなく遊びに行けます。

また天気が良い日、ちょっと生活に疲れたなー
と感じた時にはマンリーにはフェリー乗り場があり、そこからもCityへアクセスできます。
フェリーに乗って風&広大な青空を見るときっと気分も⤴すること間違いなしです。

そしてそのマンリーのフェリー乗り場(Wharf)側に陽が落ちるのでそれを必ず、気になってる子or彼氏、彼女と必ず見ましょう。
そこには波がほとんどない小さな良い感じのBeachがあるので最高な気分で一日を終えられるでしょう。

マンリービーチの夕焼け

シドニーのビーチにて

Balmoral Beach(バルモラルビーチ)

続いてのBeachはセレブの土地Mosmanにあるバルモラルビーチ(Balmoral Beach)です。
ここはシドニーのノース方面でもセレブ&ゴージャスなサバーブになります。
おしゃれなカフェが色々あり、美味しいピザもあります。

バルモラルビーチの街並み

バルモラルビーチのカフェ

休日には海辺で結婚式も行っている時もありますので、見ているこっちも幸せな気分になれます。
バルモラルはサーフィンが出来なく、波が非常に起きない落ち着いた海です。
いわゆるファミリー向けのビーチになり、私は友達や彼女とよくピクニック気分で遊びに行っていました。
みんなでサンドウィッチを作って持っていくもよし、持ち寄って食べるのもよしです!!
行き方としては、Cityからバスでモスマンまで出て、歩いて15~20分くらいで着くと思います。

ビーチでピクニック

Palm Beach/Whale Beach(パームビーチ/ホエールビーチ)

最後に紹介するのは、パームビーチ/ホエールビーチ(Palm Beach/Whale Beach)
この2つの繋がっていてビーチはシドニーのノース側のほぼ天辺に位置するところです。
正直Cityからここまでは遠いです。電車&バスを乗り継いで約2時間しないくらいで着きます。
でも、友だちと行けばちょっとした旅行気分になれるので楽しいこと間違いなし!!
近くにビーチがあるのに何でそこまで遠出していくのかは、理由があるからです!!

オーストラリアのビーチ
これを見たくて行くんですよ!!

ビーチの名前にもなっているように、クジラのしっぽの形をしたビーチなのです☆
そしてここにはちょっとしたハイキングコースがあり、この画像と全く同じ場所に行けます。
波も良いのでサーフィンをしに行っても楽しいでしょう。

パームビーチは砂浜の砂が”にんじん色”で少し赤っぽくなっている珍しいビーチです。
私がシドニーに住んでいた時は、行った海全ての砂を小瓶に詰めて思い出として持って帰ってきました。
そのようにして色々なビーチを遊び回るのもきっと楽しいと思います。

ここのビーチはCityから遠く少し田舎感があるので、夜は星がすごく綺麗に見えます。
基本的にオーストラリアは乾燥しているので、時期に関係なくみれますよ!!

以上が私がオススメというか、シドニーに行ったら1回は行ってほしいビーチベスト3選でした!!
他にもたくさんありますので、それは皆さんが実際に行って見つけてきて下さい!!

色々なビーチを巡ってワーホリをEnjoyしてね♡

シドニーのSouth側(南側)ビーチ3選

North側のビーチも結構行ったからなー、次はどこ行こうかなー
South側ってあんまり行ってなかったから次はそっちの方へ行ってみよう!!
そうです、次はSouth側ボンダイ(Bondi)方面へ繰り出しましょう。

シドニーのビーチの中でもかなりの根強い人気を誇るのが、
NorthはManly Beach
SouthはBondi Beach
もうこの2つは殿堂入りするくらいの人気があります。
日本にもBondi Caféというお店があるくらいですからね!
もしかしたら、日本人にとってはマンリーより人気かもしれません!
なので、ここではSouth側のビーチについていくつか紹介していきたいと思います。
そしてもちろん、しっとりとした場所、大切な人と行ってほしい場所も紹介するので、安心して下さい。

Bondi Beach(ボンダイビーチ)

まずは定番のBondi Beachからご紹介したいと思います。
この画像の感じだとマンリーとあんまり変わらなくない。。。?
とお思いですか?
決してそんなことはございません!!
ワーホリでシドニーへ行けば絶対に画像を見ただけでどこのビーチか判断がつくようになります。
シドニー、オーストラリアのビーチは一つとして同じような場所はございません、なのでこんなにたくさんのビーチの記事を記載&紹介してるんですよ!

ここからが本題!!Bondi Beachです!!
ここはサーフィンももちろん楽しめますが、それ以外が非常に充実しています。
まず、ビーチの砂浜のちょっと上がったところに芝生があるのでそこで皆さんシートを敷いて読書や日焼けなどをしています。(多分ダメだと思いますが、たまに何もつけてないで丸出しで焼いてる人もいます。)
砂浜で日焼けするのも良いけど、砂とかついて払らったりするのがめんどくさい人はそこで日焼けをして楽しみましょう!!
またスケボーのパークがあるので、サーフィンはしなくてもスケボーはする!!したい!!
とゆー方たちにはオススメです。
ボンダイのスケボーパークは夏になると大会などが開かれるほど有名なので、しなくても見ているだけで興奮すること間違いなしです。
あとそこでは、よくテレビで見るスケボーの痛い事故的なのも生で見れるので心臓が強い方そういう楽しみ方もできるかもしれませんね!!笑

私が個人的に好きで定期的に見に行っていたのは”壁に所狭しとスプレーで描かれた絵”(ウォールアート)です。
画像のような感じで、一面がこのような絵で埋め尽くされています。
そして、定期的にこの絵たちがほかの絵に変わるんですよ!!かと思いきやずーっと変わらない絵もあるので、ボンダイに遊びに来たらまず、自分の好きな絵を見つけて、定期的にまだあの絵あるかな?
と絵を見に来るのもまた違って楽しめると思います!!
インスタ映えも映えどころの騒ぎじゃありません!!笑

ここに書くのは適切ではないかもしれませんが、オーストラリア1有名な”TATOO Studio”があります。
海外セレブとの写真が壁一面に飾られています。
One Directionがシドニーにツアーで来た際にはハリーがそこで新しいタトゥーを入れてましたよ☆
そこのお店”Bondi Inc”の彫師のドキュメンタリー映画もあるので興味があればご覧ください。
Netflixにありますよー。
*決してタトゥーを入れることを勧めている訳ではないので、個人の判断で決めて下さい。

最後にボンダイビーチにはプールがあります!!
でも温水プールとかではありません。だって海水を使っているので。。笑
画像のように海水が入ってくるところに、ただレーンを作りプールっぽくしているだけですが。
このような雑な感じもオージーカルチャーっぽくて良いですよね!!
なので、オーストラリアのビーチは日本みたく穏やかなビーチが少ないので、泳ぎが苦手な人はそこで練習しても良いかも!?
オージーのおじいちゃんがよくブーメランパンツ(こち亀のカイパン刑事)で季節関係なく日中はバチバチに泳いでます!!

Bronte Beach(ブロンテビーチ)

続いては、Bronte Beach(ブロンテビーチ)
ここはボンダイビーチより遊歩道を歩いて約30分とまぁまぁ歩いた場所になります。
遊歩道は海岸沿いなので、景色も良く歩くのは苦ではないと思います!?笑
途中に(約15分歩いた所)Tamarama Beach(タマラマビーチ)もあるので、ついでに寄り道して行っちゃいましょう☆
そして、いよいよブロンテ到着です!!徒歩お疲れ様です!!
ボンダイビーチに比べたらかなり小さく、こぢんまりとしたビーチとなっていますが波が高く常にサーファーたちには人気のスポットなので、サーフィンをしに行っても楽しめると思います!

そしてここにはボンダイビーチには、BBQ台(鉄板)がありませんが、ブロンテビーチにはあるので休日にみんなでBBQが出来ます!! というか、して下さい。
屋根もついているので、オーストラリアのヤバい日光も気にしないで楽しめます。
ですが一つ問題点があります、近くにスーパー(WoolWorths,Cole..etc)がありません。
なので、BBQをやるときには買ってから行きましょう!!ボンダイジャンクションからのバスが出ているのでわざわざボンダイビーチから30分かけていく必要はありません。
食材、飲み物、遊び道具などを抱えて30分は鬼畜すぎなので。

Coogee Beach(クージービーチ)

そして最後にご紹介するのは、、、Coogee Beach(クージービーチ)です。
City(Hyde Park)からバスで乗り換えなしで行けます!!約30~40分で着くと思います。移動も楽です!
私がシドニーで一番最初に行ったビーチがここです!!今でも初めて行った時の感動&楽しさは覚えているので、私にとってはかなり思い出深いビーチになります!!笑
ここのビーチは上記ビーチに比べて自然感が凄いな。と私自身は感じています。
自然感って何?と思うと思いますが、岩などが他のビーチに比べてゴツゴツしているし、むき出しになっているので私はそう感じてしまいました。。笑
飛び込める場所もあるので、是非そこでも遊んでみて下さい。(専用の飛び込み台なのがあるわけではありません)早く飛び込まなかったり、チキってると地元の子供たちにバカにされてしまいますよー(*´з`)

もちろんここでもサーフィンが出来ます!しかもボンダイ&ブロンテに比べて人は少ないです。
地元民の海っといった雰囲気が出ているので、ゆっくり波待ちもできますし、人と波が被るという事も少ないと思います。
もしSouth方面に住んでサーフィンをするのであれば、クージーでするのが一番だと思います。
町の雰囲気もうるさくなく静かで、交通面も便利なのでオススメです。

番外編 Dover Heights(ドーバーハイツ)

番外編として、恒例の良い感じの異性と行くスポットのご紹介です☆
Dover Heights(ドーバーハイツ)です。
場所はボンダイビーチをジャンクション方面ではなく、逆の丘方面(ハイツ方面)に歩いて行って下さい。
歩くというか、登っていく感じですね。しかも結構歩きます!!約30分は歩くつもりで行って下さい。
初めて行くときは絶対に迷います。お目当ての場所に行くまでの道には何もありません!!
普通の住宅街を上に上に登って行くので。。。

時間は夕方ちょい前くらいがベストです!陽が落ちそうな時に向かっても、着いた時には落ちていて真っ暗になってしまっているので、、、夜景もキレイに見えますけどね♡
でも、紹介したいのは夜景ではなく夕日です!!
この画像がドーバーハイツで撮った写真です。基本的には誰もいません!!
日本人にもここでは会ったことがないです!!人がいたとしても、近所に住む人が犬とボール遊びしているくらいです。
そこにはベンチが二つあるので、そこに座って夕日が落ちるのをボーっと眺めましょう!!
陽が落ちきったら夜景も少し見るのも良きですね♡
あたりがかなり真っ暗になるので、冬にはもしかしたら星も良く見えるかもしれません。

英語を学ぶ!楽しむ!

前の記事では、ビーチ&サーフィンについて色々書きましたが、ここではビーチに近くの確実に楽しめる語学学校を紹介します。
ワーホリを最大限に楽しむためにはやはり、”語学学校で英語を学び、各国の友だちを作る”
これが、英語も生活も楽しめる一番の方法です。
オーストラリアは約8割が移民です!!純粋なオージーは田舎に行かないと会えません!!
なので、世界各国の友だちを増やせるチャンスです。

オーストラリアの街並み

その反面日本人も多く、せっかくワーホリに行ったのに英語は聞けるけど、話せない。。
何て言う人が多いのも事実です。
しかし、DKはそんな無駄なことはさせません!!約束します!!
だからと言って、日本人が全く居ない学校も勧めません!!
私の4年間留学した経験によると、日本人が全く居ない学校での授業はキツイです。
それは先生も日本人に慣れていなく、気を使ってくれないので授業にもついていけなくなり、
結局英語が話せないじゃん!!
というオチになってしまいます。。。

Cityにある学校ではなく、授業が終わったら友だちと即ビーチで遊ぶ!!
むしろ、学校にサーフィンが出来るプログラムがあったら最高じゃないですか?
そんなEnjoyスタイルの学校を紹介しまーす!!もちろん英語力もグングン伸びます!!

ビーチそばの語学学校2選

シー/SEA (Sydney English Academy)

マンリービーチそばの語学学校シー

マンリービーチ目の前の学校。ここはかなりアットホームな学校でマンリーまで100mと立地も最高です。
そして学校のプログラムにサーフィンがあるので楽しめること間違いなし。現地生活や友人とエンジョイしたい方におすすめです。

シー/SEA (Sydney English Academy)の学校詳細はこちらのページでご確認ください。

ナビタス イングリッシュ/Navitas English

マンリービーチそばの語学学校ナビタス

とても大きな語学学校グループのマンリー校舎。大手なのでキャンパスも学習カリキュラムもしっかりしています。もちろんビーチも近いです。
エンジョイだけでなく英語もしっかり勉強したい方はこちら!

ナビタス イングリッシュ/Navitas Englishの学校詳細はこちらのページでご確認ください。

いかがでしょうか?教室からビーチを眺めながら楽しく勉強しましょう!!

詳しい留学・ワーホリのご相談はDKまでお気軽にどうぞ。この記事を書いたスタッフTAKAが直接相談に乗ります!

100 %ローカルお仕事(時給$19~$35)保証!『選べる語学学校+有給インターンシップパック』が登場!
シドニーのビーチにて
【保存版】留学/ワーホリでサーフィンも楽しめる?知っておきたい現地事情やビーチまとめ☆
2017 夏休み小中高生向け短期留学募集スタート!
シドニーでトリマーのスキルを身につける!グルーミングを学ぶ!
2017春休み中高生向け短期留学募集スタート!

その留学代理店は本当に現地の学校のことを知っていますか?
就業事情に詳しいですか?
提案しやすいから勧めているだけではないですか?

シドニー中の学校・ワーホリ事情を知り尽くしたDK留学サービスにはメジャーからマニアックまでさまざまなコースや働き方の
引き出しがあります。他の代理店に行かれた方も、まだ行かれていない方も、ぜひ弊社のカウンセリングをお試しください!

カウンセリング(無料)お申込み  

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia