シドニー専門留学&ワーホリのDK

何を学ぶ?人気の留学プラン

【保存版】サーフィンやクラブ、シェアハウスなど海外生活を楽しみたい!エンジョイ留学/ワーホリ完璧ガイド☆

公開日:2019.02.10 更新日:2019.03.19


せっかくオーストラリアに留学・ワーホリするなら、日本とは違うことをしてください!海外での生活をエンジョイしてください!

でも知らない土地だし、友達もいないし、どうすればいいの。。と思っている皆さんへ!

ここではサーフィンなどの自然を楽しんだり、ナイトクラブやシェアハウス、アルバイトなど現地生活をエンジョイする、すなわち【エンジョイ留学/ワーホリ】をご紹介します。

まずオーストアリアといえばきれいな海!シドニーのサーフィン事情とおすすめビーチをまとめました。

そしてサーフィンも良いけど学校に行って英語も学んでしゃべりたい!それが本来の目的ですよね!?

ご安心下さい。DKならオーストラリア全ての語学学校へ入学できます。もちろんシドニーの学校もすべてOK。その中でも今回はBeachに近くてサーフィンもすぐできちゃうオススメの語学学校を3つほどご紹介しています。

さらにシドニーには超便利な街があります。たくさんの外人の友人もできるので街で遊びましょう。仕事も多いのでアルバイトもいろいろ経験できます。

シドニーで4年間を過ごし、サーフィンにはまったDKスタッフのTAKAがご紹介。楽しんでください!

シドニーのサーフィン事情まとめ

いきなりですが、まず紹介したいのが”サーフィン”です。

サーフィンで有名な場所で思い浮かぶのは”ハワイ”かもしれませんが、実際のところハワイは30ほどのスポットに対して、オーストラリアは100程あります。

ハワイは常に観光客でBeachが混雑していますが、オーストラリアはそこまで混雑していないので、落ち着いて楽しむことが可能です。

またオーストリアの海というとケアンズやゴールドコーストもいいですが、、、実はシドニーが最高です!シドニーはどこの海もキレイです。私も4年間暮らしていましたが”飽きること”はありませんでした。

実際に私も現地で暮らしているときは、朝5時に起きてサーフンをして近くのカフェでコーヒーを飲んで学校へ通っていました。
最高の暮らしだったな。。と今考えると思います。

でも、ボードとかウェットスースとかないし、移動とか大変そう。。。
決してそんなことはありません。

ボードなどはJAMS.TV又はGumTreeなどのサイトで安く買えます。正直ボードは中古で全然問題ないと思います。
なぜかというと、確実に折ります!!私も何本折ったかわかりません。。なので中古で問題ないと思います。

ウェットスーツなども同様のサイトで売っていますが、さすがに人が着た後のスーツは嫌だったので買いました。
それでも$200もしないくらいで買えます。セールの時に買えばもっと安く買えますよ!!

*注意)JAMS.TVは基本的に”日本人に向けた”求人、住まい、物を”日本人”が記載しているので、比較的安心できるサイトなっていますが、GumTreeは現地の人が使用するJAMS.TVのようなものなので、信用し過ぎるのは危険です。
私も基本的にはJAMS.TVを使用していたので。。。

移動手段に関しても、シドニーは東京と同じくらい公共の乗り物が便利ですので、問題なくBeachに行けます。サーフボードなどを持って電車&バスにも日本みたいに気を使わなくて乗れます。オージーも普通に自転車を乗せてきたりするので。。

海を楽しもう!シドニーのノース側(北)ビーチ3選

シドニーでエンジョイ留学・ワーホリするならビーチの近くで暮らすのが最高です!これは言い切れます!

日本のような海辺も海も汚なっ。みたいな場所は一つもございません。サーフィンする側、遊泳する側と別れているので安全に遊べます。

そして、学校や現地であった子とデートで行くようなしっとりとした場所も紹介しちゃいます♡

ちなみにどこのビーチにも”BBQ”ができる鉄板が設置されています。下の写真のような感じです。

近くのスーパーで肉、野菜、パンを買ってしまえば手軽に”BBQ”も楽しめてしまいます。(休日などは混むため早めに行って場所取りをしましょう)。

ビーチのBBQ台

ではシドニーのノース側のBeachを紹介します。

Manly Beach(マンリービーチ)

まずノースのBeachといえば、、、Manly Beachです。
シドニーに行ったこともない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
シドニーにあるビーチの中でも有名な場所です。
夏の時期には砂浜に誰でも遊べるビーチバレーができるスペースができるので友達とワイワイしましょう!!

そして近くにWoolWorths&Colesのスーパーがあるので食材、日用品全て揃うので住んでも問題ありません。
Cityまでも直通のバスが走っているので、交通面でも不便することなく遊びに行けます。

また天気が良い日、ちょっと生活に疲れたなー
と感じた時にはマンリーにはフェリー乗り場があり、そこからもCityへアクセスできます。
フェリーに乗って風&広大な青空を見るときっと気分も⤴すること間違いなしです。

そしてそのマンリーのフェリー乗り場(Wharf)側に陽が落ちるのでそれを必ず、気になってる子or彼氏、彼女と必ず見ましょう。
そこには波がほとんどない小さな良い感じのBeachがあるので最高な気分で一日を終えられるでしょう。

Balmoral Beach(バルモラルビーチ)

続いてのBeachはセレブの土地Mosmanにあるバルモラルビーチ(Balmoral Beach)です。
ここはシドニーのノース方面でもセレブ&ゴージャスなサバーブになります。
おしゃれなカフェが色々あり、美味しいピザもあります。

バルモラルビーチの街並み

バルモラルビーチのカフェ

休日には海辺で結婚式も行っている時もありますので、見ているこっちも幸せな気分になれます。
バルモラルはサーフィンが出来なく、波が非常に起きない落ち着いた海です。
いわゆるファミリー向けのビーチになり、私は友達や彼女とよくピクニック気分で遊びに行っていました。
みんなでサンドウィッチを作って持っていくもよし、持ち寄って食べるのもよしです!!
行き方としては、Cityからバスでモスマンまで出て、歩いて15~20分くらいで着くと思います。

ビーチでピクニック

Palm Beach/Whale Beach(パームビーチ/ホエールビーチ)

最後に紹介するのは、パームビーチ/ホエールビーチ(Palm Beach/Whale Beach)。この2つのビーチは繋がっていて、シドニーのビーチでも一番ノース側に位置するところです。

正直Cityからここまでは遠いです。電車&バスを乗り継いで約2時間しないくらいで着きます。でも、友だちと行けばちょっとした旅行気分になれるので楽しいこと間違いなし!近くにビーチがあるのに何でそこまで遠出していくのかは、理由があるからです!

オーストラリアのビーチ
これを見たくて行くんですよ!!ビーチの名前にもなっているように、クジラのしっぽの形をしたビーチなのです☆

そしてここにはちょっとしたハイキングコースがあり、この画像と全く同じ場所に行けます。波も良いのでサーフィンをしに行っても楽しいでしょう。

パームビーチは砂浜の砂が”にんじん色”で少し赤っぽくなっている珍しいビーチです。私がシドニーに住んでいた時は、行った海全ての砂を小瓶に詰めて思い出として持って帰ってきました。そのようにして色々なビーチを遊び回るのもきっと楽しいと思います。

ここのビーチはCityから遠く少し田舎感があるので、夜は星がすごく綺麗に見えます。基本的にオーストラリアは乾燥しているので、時期に関係なくみれますよ!!

以上が私のオススメビーチであり、シドニーに行ったら1回は行ってほしいビーチ3選でした!他にもたくさんありますので、れは皆さんが実際に行って見つけてきて下さい!

色々なビーチを巡ってワーホリをEnjoyしてね♡

シドニーのSouth側(南側)ビーチ3選

North側のビーチも結構行ったからなー、次はどこ行こうかなー。South側ってあんまり行ってなかったから次はそっちの方へ行ってみよう!

そうです、次はSouth側(南側)、有名なボンダイビーチ(Bondi Beach)方面へ繰り出しましょう。

シドニーのビーチの中でもかなりの根強い人気を誇るのが、北側のマンリービーチ(Manly Beach)と南側のボンダイビーチ(Bondi Beach)です。もうこの2つは殿堂入りするくらいの人気があります。

日本にもBondi Café(ボンダイカフェ)というお店があるくらいですからね!もしかしたら、日本人にとってはマンリーより人気かもしれません。なので、ここでは南側のビーチについていくつか紹介していきたいと思います。

そしてもちろん、しっとりとした場所、大切な人と行ってほしい場所も紹介するので、安心して下さい。

Bondi Beach(ボンダイビーチ)

まずは定番のBondi Beachからご紹介したいと思います。この画像の感じだとマンリーとあんまり変わらなくない。。。とお思いですか?

決してそんなことはございません!ワーホリでシドニーへ行けば絶対に画像を見ただけでどこのビーチか判断がつくようになります。シドニー、オーストラリアのビーチは一つとして同じような場所はございません、なのでこんなにたくさんのビーチの記事を記載&紹介してるんですよ!

ここからが本題!Bondi Beachです!ここはサーフィンももちろん楽しめますが、それ以外が非常に充実しています。

まず、ビーチの砂浜のちょっと上がったところに芝生があるのでそこで皆さんシートを敷いて読書や日焼けなどをしています。(多分ダメだと思いますが、たまに何もつけてないで丸出しで焼いてる人もいます。)

砂浜で日焼けするのも良いけど、砂とかついて払らったりするのがめんどくさい人はそこで日焼けをして楽しみましょう!!

またスケボーのパークがあるので、サーフィンはしなくてもスケボーはする!!したい!!とゆー方たちにはオススメです。

ボンダイのスケボーパークは夏になると大会などが開かれるほど有名なので、しなくても見ているだけで興奮すること間違いなしです。
あとそこでは、よくテレビで見るスケボーの痛い事故的なのも生で見れるので心臓が強い方そういう楽しみ方もできるかもしれませんね!!笑

私が個人的に好きで定期的に見に行っていたのは”壁に所狭しとスプレーで描かれた絵”(ウォールアート)です。

画像のような感じで、一面がこのような絵で埋め尽くされています。そして、定期的にこの絵たちがほかの絵に変わるんですよ!!

かと思いきやずーっと変わらない絵もあるので、ボンダイに遊びに来たらまず、自分の好きな絵を見つけて、定期的にまだあの絵あるかな?と絵を見に来るのもまた違って楽しめると思います!!インスタ映えも映えどころの騒ぎじゃありません!!笑

ちなみに日本ではなじみがありませんが、オーストラリアではタトゥーが人気です。そして国内で一番有名なタトゥースタジオもボンダイにあります。

海外セレブとの写真が壁一面に飾られています。ワンディレクションがシドニーツアーで来た際には、ハリーがそこで新しいタトゥーを入れてたとか☆このお店”Bondi Inc”のタトゥーアーティストのドキュメンタリー映画もあるので興味があればご覧ください。ご注意)決してタトゥーを入れることをおすすめしている訳ではありません!

最後にボンダイビーチにはプールがあります!
でも温水プールとかではありません。だって海水を使っているので。。笑
画像のように海水が入ってくるところに、ただレーンを作りプールっぽくしているだけですが。

このような雑な感じもオージーカルチャーっぽくて良いですよね!!
なので、オーストラリアのビーチは日本みたく穏やかなビーチが少ないので、泳ぎが苦手な人はそこで練習しても良いかも!?
オージーのおじいちゃんがよくブーメランパンツ(こち亀のカイパン刑事)で季節関係なく日中はバチバチに泳いでます!!

Bronte Beach(ブロンテビーチ)

続いては、Bronte Beach(ブロンテビーチ)
ここはボンダイビーチより遊歩道を歩いて約30分とまぁまぁ歩いた場所になります。
遊歩道は海岸沿いなので、景色も良く歩くのは苦ではないと思います!?笑

途中に(約15分歩いた所)Tamarama Beach(タマラマビーチ)もあるので、ついでに寄り道して行っちゃいましょう☆

そして、いよいよブロンテ到着です!!徒歩お疲れ様です!!
ボンダイビーチに比べたらかなり小さく、こぢんまりとしたビーチとなっていますが波が高く常にサーファーたちには人気のスポットなので、サーフィンをしに行っても楽しめると思います!

そしてここにはボンダイビーチには、BBQ台(鉄板)がありませんが、ブロンテビーチにはあるので休日にみんなでBBQが出来ます!! というか、して下さい。
屋根もついているので、オーストラリアのヤバい日光も気にしないで楽しめます。

ですが一つ問題点があります、近くにスーパー(WoolWorths,Cole..etc)がありません。
なので、BBQをやるときには買ってから行きましょう!!ボンダイジャンクションからのバスが出ているのでわざわざボンダイビーチから30分かけていく必要はありません。
食材、飲み物、遊び道具などを抱えて30分は鬼畜すぎなので。

Coogee Beach(クージービーチ)

そして最後にご紹介するのは、、、Coogee Beach(クージービーチ)です。
City(Hyde Park)からバスで乗り換えなしで行けます!!約30~40分で着くと思います。移動も楽です!
私がシドニーで一番最初に行ったビーチがここです!!今でも初めて行った時の感動&楽しさは覚えているので、私にとってはかなり思い出深いビーチになります!!笑

もちろんBBQも楽しめます!!しかも屋根付きなので快適にできますよー☆
近くにWoolWorthsがあるのでわざわざ買っていかなくても大丈夫です!!
それが一番便利だなー。と思いました。

ここのビーチは上記ビーチに比べて自然感が凄いな。と私自身は感じています。
自然感って何?と思うと思いますが、岩などが他のビーチに比べてゴツゴツしているし、むき出しになっているので私はそう感じてしまいました。。笑
飛び込める場所もあるので、是非そこでも遊んでみて下さい。(専用の飛び込み台なのがあるわけではありません)早く飛び込まなかったり、チキってると地元の子供たちにバカにされてしまいますよー(*´з`)

もちろんここでもサーフィンが出来ます!しかもボンダイ&ブロンテに比べて人は少ないです。
地元民の海っといった雰囲気が出ているので、ゆっくり波待ちもできますし、人と波が被るという事も少ないと思います。
もしSouth方面に住んでサーフィンをするのであれば、クージーでするのが一番だと思います。
町の雰囲気もうるさくなく静かで、交通面も便利なのでオススメです。

番外編 Dover Heights(ドーバーハイツ)

番外編として、恒例の良い感じの異性と行くスポットのご紹介です☆
Dover Heights(ドーバーハイツ)です。
場所はボンダイビーチをジャンクション方面ではなく、逆の丘方面(ハイツ方面)に歩いて行って下さい。
歩くというか、登っていく感じですね。しかも結構歩きます!!約30分は歩くつもりで行って下さい。
初めて行くときは絶対に迷います。お目当ての場所に行くまでの道には何もありません!!
普通の住宅街を上に上に登って行くので。。。

時間は夕方ちょい前くらいがベストです!陽が落ちそうな時に向かっても、着いた時には落ちていて真っ暗になってしまっているので、、、夜景もキレイに見えますけどね♡
でも、紹介したいのは夜景ではなく夕日です!!
この画像がドーバーハイツで撮った写真です。基本的には誰もいません!!
日本人にもここでは会ったことがないです!!人がいたとしても、近所に住む人が犬とボール遊びしているくらいです。

*冗談抜きでこの画像の景色が見えます!!

そこにはベンチが二つあるので、そこに座って夕日が落ちるのをボーっと眺めましょう!!
陽が落ちきったら夜景も少し見るのも良きですね♡
あたりがかなり真っ暗になるので、冬にはもしかしたら星も良く見えるかもしれません。

語学学校で英語を学ぶ!友達を作る!

前の記事ではビーチ&サーフィンについて書きましたが、ここではビーチに近くの確実に楽しめる語学学校を紹介します。

留学・ワーホリを最大限に楽しむためには「語学学校で英語を学び、各国の友だちを作る」、これが英語も生活も楽しめる一番の方法です。

またオーストラリアは約8割が移民です。特に学校のある都市部は留学生が多いです。そのため語学学校は世界各国の友だちを増やせるチャンスです。

オーストラリアの街並み

一方で、日本でよくおすすめされる語学学校には、日本人生徒ばかりの学校もあります。せっかく海外に行ったのに友達は日本人、会話は日本語。。何て言う人が多いのも事実です

しかしDKはそんな無駄なことはさせません!実は日本人が少ない穴場の学校もあるです!外国の友人がたくさんできますよ。

ちなみに日本人が全くいない学校もおすすめしません。私の4年間留学した経験によると、日本人が全く居ない学校での授業はキツイです。それは先生も日本人に慣れていなく、気を使ってくれないので授業にもついていけなくなり、
結局英語が話せないじゃん!というオチになってしまいます。。。

今回私がおすすめしたいのは、外国人の友達が作れて、日本人にも通いやすい学校。さらにCity(街の中心部)にある学校ではなくビーチそばの学校です。授業が終わったら友だちと即ビーチで遊べる!そんなEnjoyスタイルの学校を紹介します!もちろん英語力もグングン伸びます!

ビーチそばの語学学校3選

シー/SEA (Sydney English Academy)

マンリービーチそばの語学学校シー

マンリービーチ目の前の学校。ここはかなりアットホームな学校でマンリーまで100mと立地も最高です。
そして学校のプログラムにサーフィンがあるので楽しめること間違いなし。現地生活や友人とエンジョイしたい方におすすめです。サマーシーズンは日本人生徒が多めなのでご注意を。

シー/SEA (Sydney English Academy)の学校詳細はこちらのページでご確認ください。

ナビタス イングリッシュ/Navitas English

マンリービーチそばの語学学校ナビタス

とても大きな語学学校グループのマンリー校舎。大手なのでキャンパスも学習カリキュラムもしっかりしています。もちろんビーチも近いです。
エンジョイだけでなく英語もしっかり勉強したい方はこちら!

ナビタス イングリッシュ/Navitas Englishの学校詳細はこちらのページでご確認ください。

セルク/SELC

シドニーシティーから近いボンダイジャンクション駅にある英語学校 です。シティから近く、巨大なショッピングセンターもあり、ボンダイビーチにも近いという良い立地です。厳選された講師陣と整った学校施設、充実したコース内容が人気 です!

セルク/SELCの学校詳細はこちらからご確認ください。

いかがでしょうか?ビーチのある街で楽しく勉強しましょう!!

友達とパブやクラブを楽しむ!

ビーチ、サーフィン、おすすめスポットを紹介したので、続いては、、、パブ&クラブです。日本の居酒屋のようなお店はあまりないので、お酒を飲むとなったら“PUB”&”Club”です!

せっかくオーストラリアに来たので、学校終わりにバイトばっかりしてはもったいないです。。外国の友人とパブorクラブで飲みましょう!呑みましょう!Let’s drinking!

シドニーにはたくさんのパブ&ナイトクラブがありますが、僕がよく行っていた場所をご紹介していきます!!紹介しきれない場所もあるので、それはご自身で行ってみて下さい。

ご紹介する前に、オーストラリアでのお酒を飲むときの注意点から話していきたいと思います。

オーストラリアのパブ&クラブのエントランスには必ず、ゴリゴリのセキュリティがいます!!
そして、中に入る人全ての身分証明書をチェックしています、特に日本人は幼く見られがちなので、必ずパスポート又は顔写真付きの身分証明書を持って行って下さい。パスポートが一番だと思います!!語学学校などのIDカードでは入れません。。。

ちなみに、ずっと同じ場所に行ってると仲良くなってくるので、顔パスで入れるかも!?

続いての注意点は、はしご酒するときです

セキュリティはIDチェックともう一つチェックしています、、、それは”こいつ酔っぱらってないかな!?”です。

酔っぱらっている状況ではどこのパブ&クラブに入れてもらえません!!なので、1軒目はパブで呑んでから2軒目のクラブで騒ごう!!みたいなノリだと入れてもらえないです。

私はすぐに顔が赤くなってしまうので、酔ってないのに入れさせてもらえなかったことが何度もあります。。体質などにもよりますが、すぐ顔が赤くなる人は注意しましょう!!

シドニーのおすすめパブ/クラブ3選

シャークホテル(Shark Hotel)

前置きが長くなりましたが、私が行っていた呑み屋紹介~~~~!!
ここが一番行ってました!!シャークホテル(Shark Hotel)。学校から近かったということもあり本当によく行きました!!

しかも、ちょうど学校が終わったくらいの時間から(16時~19時くらい!?)Happy Hourだったのでお酒が半額で呑めたのでとてもお世話になりました。よく呑んでたのが”ウォッカ&レモネード”これしか飲んでないです!!私はビールが苦手なのでカクテルしか飲めません。。笑 オーストラリアはビールが水より安い時代があって、種類もかなり豊富ですがどれも無理でしたー!!

シャークホテルは木曜&金曜日以外の平日はあまりうるさくないので、友だちとゆっくり話しながら呑めます。

レストランも併設しているので、食事もできますよ!!(私は数えるくらいしか食べたことがないですが。。)いつも適当にfish&chipsなどを頼んでいたので。。

Shark Hotel
127 Liverpool St, Sydney NSW 2000

スケアリー&カナーリー(scary canary)

次はスケアリー&カナーリー(scary canary)。ここは月曜日~水曜日は普通のパブですが、木曜日~土曜日は”Crazy Club”になります。

私が初めてシドニーで呑みに行った場所になるので、ここも思い出深い場所になります☆当時私は20才で学校の先生に”どーしてもクラブに行きたいから良いとこ教えて!!”と聞いたらオススメされました。先生にも”Crazy Club”と言われました。

しかも、バックパッカーの1階がここのお店なのでそこに泊まっている若い子たちも飲みに来るので、本当に若者しかいないです。

木曜日~土曜日は早めに行かないと入れません。30分~45分くらいは並ぶつもりで行きましょう!!そして定期的にCrazyなイベントもやっているので、調べてから行きましょう!!

ちなみに私が訪れたときは、子どもが入るプールにローションを入れてその中で女の子2人が相撲的なことを行うみたいなイベントがやっていました!!

特にみんな水着などを着ているわけではなかったので、最高にテンションが上がったことを今でも覚えています。(もちろん裸ではないです。)

普通に飲みに来ていた女の子たちが、ローションプールで騒ぎながら遊んでいただけなので、ローションまみれでどーやって帰ったのが不思議ですけど。。。笑

慣れない海外生活でストレスが溜まってきたらここで騒いでストレス発散するのもよいかもしれません。

the scary canary
469 Kent St, Sydney NSW 2000

サイドバー(Side Bar)

最後にシドニーで1,2を争う人気クラブのご紹介です。

立地はCityの中にありますがRocksに近いところにあり中にはプールもあるのでおしゃれです(泳ぐプールではありません!)。海外のバーだなって感じです。

ここも月曜日~水曜日は普通のパブですが、木曜日~土曜日はクラブになります。

そしてここは入るのにEntrance Fee(入場料)がかかりますが、毎週木曜日がEntrance Free(入場料なし)になるので木曜日に行った方が良いでしょう。
私が留学していた時のEntrance Feeは$20で結構したので。。$20で2杯くらいは飲めるので、もったいないですよね。。

その代わり毎週木曜日は”鬼混み”です。階段を上ってからお店に入るのですがその階段がマジで満員電車くらいキツキツになってます。入るまでが大変です。。笑

常に毎週木曜日はイベント(人気のDJが来ます等)を行っているので、1回は行ってほしいと思います。大体みんな酔っぱらうとプールに飛び込むのがお約束みたいになっているので、それも海外らしくて楽しいですよ。

Side Bar
509 Pitt St, Sydney NSW 2000

海外生活を楽しむ!

誰も、何も知らない土地に行くのはいくつになっても不安ですよね。。私も最初に行ったのが高校を卒業してすぐの6月で初めの2週間しかホームステイがなくホームシックで毎晩家族とSkypeしてました。
なのでこの記事では、シドニーでの海外生活について書いていきたいと思います。

住むところ① ホームステイ編

まず行って最初に住む場所は”ホームステイ”がオススメです!!
理由は行く前にJAMS.TVなどで、探してから行くという手もありますが、実際に自分で見てもいないのに住むというのはかなりリスキーです。シドニーに限らずオーストラリアは基本的にシェアハウスが一般的なので、日本の様に1Kで一人暮らし。などはありません。探したらあるとは思いますがRent(家賃)が凄く高いと思います。
ホームステイの期間として大体1ヶ月~3ヶ月くらいが良いと思います。ですがホームステイのホストにも当たり、ハズレがあるので注意しましょう。オージーからしてみれば単なるビジネスの一環なので最低限の食事などは出してくれますが、それ以外のことは自分でやって!!みたいな感じのホストもいます。
そして、その家にホームステイしているのが自分一人とも限らないので、それも頭に入れておいて下さい。

私は当たりのホストだったので、skypeで使えるヘッドセット&カメラを買ってもらいました。そして銀行の開設も一緒に来てくれて、電車の乗り方、初日は学校まで送ってもらいました!!親切なホストの方が多いと思いますが、ハズレもあるという事も覚えておきましょう!!

住むところ② シェアハウス編

シェアハウスには大体の家が3人~5人くらいで共同生活を行っています。オススメとしては多くても自分を含めて5人くらいがベストだと思います。
基本的に、キッチン、洗濯機、冷蔵庫、シャワーなどはすべて共用のものを使用しますので、あまりに多いと使いたいときに使えない!!が発生してしまう&生活リズムがみんな一緒ではないのでストレスになります。

部屋のタイプについて

オウンルーム

リビングなどは共用ですが自分一人の部屋を持てます。
メリット:プライベートの時間、一人の時間を持てるので生活はしやすいと思います。
デメリット:Rentが高い。大体週$200~$400くらいです。

ルームシェア

一つの部屋をパーテーションなどで区切り2人又はそれ以上で使用するタイプです。
私は友達とこれで生活したことはありますが、知らない人とはしたいと思いませんでした。
メリット:Rentが安い。$150~$200くらいです。それ以上の場合は住むのをやめましょう。
デメリット:落ち着かない、これに尽きると思います。当たり前ですよね、自分以外の知らない人が部屋にずっといるんですもんね。。笑

リビングシェア

リビングをパーテーションなどで区切り、そこで生活します。
もう意味が分かりませんよね。部屋とかじゃないですよね。
このタイプはCityにあるマンションに多いです。3LDKの部屋に10人以上で住んでるところがこの様な感じになっています。
オススメはしません。

このようなパーテーションの中に3人~5人で寝てます”(-“”-)”

実際に部屋を決めるときは必ず見に行ってから決めましょう。オーナーが普通の人か、住んでる人数、国籍、男女比などもしっかり見て決めましょう。
私の場合だと、日本人しか住んでいないところに住んでいました。
その理由は、文化や背景が異なる人種とは正直住みにくいです。私も最初は”外人とシェアハウスとかホームパーティーとかあって楽しそ!!” とか思って住みましたが無理でした!!笑
やっぱり一緒に生活するとなるとしんどいです。
洗面台、キッチン、リビングなど特に水回りが汚くなるので、ストレスが溜まると思います。
あともう一つは、外で英語を話すので家にいるときはストレスなくコミュニケーションを取りたかったので私はみんな日本人の家に住んでいました。
そして、家を探すときはJAMS.TVがオススメです!!なぜなら日本人向けサイトなので安心できます。
あくまでも私の経験だけなので、参考くらいにして下さい!!もちろん外人たちと住んでも楽しかったですよ♡

スマホ/携帯電話

続いては携帯についてです。
渡豪前にわざわざ高いお金を払ってSiMフリーの端末に買い替える必要は全くありません。
行ってから日本人エージェント(トxトx)などに行って契約することもできますが、e-bayなどで型落ちのiPhoneを安めに買って、SiMも各携帯会社に売ってるのでそれを買えば契約をしなくても使えることが出来ます。月に$30チャージしておけば余裕で使えます。
私は長く住んでいましたが契約とかが面倒だったので最後までこれで生活していました。

仕事について

タックスファイルナンバー

最後に仕事について紹介していきまーす!!
まず働く前に”タックスファイルナンバー”(Tax File Number/TFN)を取得しなければ働くことはできません。
ネットで簡単に取れて特に難しいことはないのですぐに取得できると思います。それを取得すれば”Tax Return”で少しお金が戻ってきます。

RSA

次にお酒を取り扱う仕事には資格が必要です。
Responsible Service of Alcohol(RSA)が必要になりますが、1日講習などを受ければすぐに取得可能です。費用は場所に受ける場所によっても様々なので安いところで受けると良いでしょう。

準備が出来たらいよいよ仕事探しですね!!シドニーであれば仕事を選ばなければ困ることはまずないと思います。

日本食レストラン(ジャパレス)

ジャパレス(Japanese restaurant)が多いので、どこでも働けると思います。
しかし、そこでずっと働いているとなかなか英語が伸びないと思います。日本人の方が圧倒的に働いている人数が多いので。。。
しかも時給が安いです。大体$12~$15くらいで、良いところで$14.15ですが、まかないが必ずつくスタイルなので食事代は多少なりとも浮くと思います。
そんなところで働いたら日本でバイトするのと変わらないじゃん!!と思う事でしょう。

ローカルのお店

そうなのですが、残念ながらローカルのカフェやレストランで働くのはなかなか厳しいです。求人募集していてレジュメを送っても基本的に一切連絡は返ってきません。私も返ってきた試しがないです。
自分でお店に行って直接レジュメを渡すしかありませんでした。かなりメンタル鍛えられますよ!!笑
ですがこの方法が一番働き始めやすいです!!

しかし飛び込みで行くのはちょっとしんどいなーと思っている方は、友だちをいっぱい作りましょう!!
そこから色々な仕事を紹介してもらい広げていくのも一つの手だと思います。
ローカルで働くメリットはたくさんあり、まず時給が高いことです。最低時給が$23です。
なのでジャパレスと比べても$10くらいの差があり、飲食店で働ければ食事もできるので余裕を持った生活が出来ます。
そして何より、英語力が格段に伸びます!!これは言わずもがなだとは思いますが。。笑
あとは自分にとって自信にもなると思います。留学して現地のカフェなどで働ける経験は普通なら出来ませんよね!?
私はカフェでは働けませんでしたが、掃除の仕事をしていました!!マンションなどのごみ捨てや階段などの公共の場所を掃除したり、カギを預かって家の掃除をしていました。
そこも時給が良く$25くらいで、たまに凄く大きな家の大掃除などは$49でした!!
だって常にお客さんの家の鍵を預かって、時間になったら行くと掃除をする場所の書かれたメモ&お金が置かれているんですよ!!私も最初はかなりビックリしましたが日本ではできない経験をしたなーと思っています。
なので、皆さんも色々な仕事にチャレンジしてみて下さい!!

詳しい留学・ワーホリのご相談はDKまでお気軽にどうぞ。この記事を書いたスタッフTAKAが直接相談に乗ります!

子供好きさん必見!英語コース+幼稚園ボランティア
100 %ローカルお仕事(時給$19~$35)保証!『選べる語学学校+有給インターンシップパック』が登場!
【保存版】サーフィンやクラブ、シェアハウスなど海外生活を楽しみたい!エンジョイ留学/ワーホリ完璧ガイド☆
小中高向けシドニー短期留学
【小中高生向け】春休み/夏休み短期留学募集!
シドニーでトリマーのスキルを身につける!グルーミングを学ぶ!

その留学代理店は本当に現地の学校のことを知っていますか?
就業事情に詳しいですか?
提案しやすいから勧めているだけではないですか?

シドニー中の学校・ワーホリ事情を知り尽くしたDK留学サービスにはメジャーからマニアックまでさまざまなコースや働き方の
引き出しがあります。他の代理店に行かれた方も、まだ行かれていない方も、ぜひ弊社のカウンセリングをお試しください!

カウンセリング(無料)お申込み  

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia