シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

何を学ぶ?人気の留学プラン

小学校の英語教師になりたい!(J-shine取得)


J-shineコース特集ページ

オーストラリアで学べることは英語以外にもいろいろあります。ここでは、日本へ帰国後の就職に活かせるスキルを身につけることができる学校やコース、またオーストラリアで学ぶメリットについてご紹介します。

小学校英語指導者資格 J-Shineって何??

2002年から、小学校に『総合的な学習の時間』という科目が導入され、その中で英語の授業が始まりました。
さらに2011年からは『外国語活動』という名前で切り離されて英語の授業が必修化されました。※学校によっては英語に限っていないようです。
にもかかわらず『中学校・高等学校教諭1種免許状(英語)』のように国の正式な「小学校英語教師免許」がありません。

そこで英語教育のプロたちがNPO法人小学校英語指導者認定協議会(J-shine)を立ち上げ、小学校英語指導者という資格を作りました。現在では J-Shine は日本で最も大きな「小学校英語指導者資格」の認定機関となっています。

さて、現在必修化された小学校5・6年生における『外国語活動』の授業をを誰が担当するかは各自治体にまかされており、

  • 担任のみ
  • 担任+外部人材
  • 担任+ALT
  • 担任+外部人材+ALT

など様々です。

まず担任の先生が担当する場合、英語教育においてはプロではないので手探り状態でやっているのが現状です(小学校の先生になるための教職課程には、英語がないため)。

ALT(assistant language teacher)とは外国人指導者のことですが、彼らはワーホリなどで日本に来ているイギリス人などもともと教師ではない方が多く、授業が上手でない、また給料も高い、など毎授業来てもらうことはなかなか難しいようです。

そこで今後は「小学校の担任の先生」と外部人材の「J-shine資格者」の2人での授業・指導を進めていくパターンがさらに増えていくと予想されています。

※ちなみにDK東京オフィスのある東京都足立区では、J-shine資格者が外国語活動アドバイザーとして区に月給制で雇われ、いくつかの小学校をかけもちで担当しています。毎週1時間ある外国語活動のうち、アドバイザーが加わるのは3回に1回程度とのことです。自治体により雇用形態は異なるので、ご自分の住んでいる地域でご確認下さい。

J-shine資格って使える?

そもそも『英語を教える』仕事に必ずしも資格が必要だという訳ではありません。しかし『指導できる』ことをきちんと証明する資格を持っているにこしたことはないですし、その中でもJ-shineはかなり認知度の高い資格です。

小学校で教えるには、資格取得後、

  • J-shineホームページにプロフィールや担当できる地域を掲載し、スカウトを待つ
  • 地域の教育委員会や小学校に直接募集が有るか問い合わせ、指導が出来ることをアピールする

などの方法で求人を探します。

しかしながら上記のように小学校における外国語活動の担い手は各自治体によって違うので、かならずしも小学校での仕事があるわけではありません

小学校の求人例

職種:小学校外国語活動アドバイザー
対象:小学校学習指導要領に基づく外国語活動の指導が出来る英語力(英検準1級またはTOEIC730点程度)があり、指導計画作成および授業の実施に関して助言が出来る知識や経験がある方。
勤務内容:小学校外国語活動の授業支援など
勤務時間:年間205日(原則週5日、1日7時間<午前8時30分から午後4時30分>)
報酬:月額20万円(交通費あり)
募集人数:若干名
※2014年東京都足立区の広報に掲載されていた募集より抜粋。常に募集しているものではありませんので例としてご参照下さい。実際の募集は各自治体にご確認下さい。

小学校での英語教育が始まったばかりの現状では、上記のような小学校の求人はまだまだ少ないようです。
そのためJ-shine資格の活かした就職方法として、民間の英会話教室などに勤務する方が多いです。例えば以下のよう方法があります。

  1. 子ども英語教室へ就職する。例:イーオンキッズ、ヤマハ英語教室
  2. 自宅でフランチャイズの英語教室を開く。例:ECCジュニア
  3. 自分で個人の英語教室を開く。
  4. 私立小学校の英語専門講師として雇われる。
  5. 学習塾で英語を教える。
  6. 幼稚園や保育園で講師として教える。
  7. 英語で保育をする幼稚園や保育園で働く(幼稚園教諭、保育士の資格もあると有利)。
  8. インターナショナルプレスクールで働く。

月給制で安定した仕事をするというふうにはなかなか至らないことが多く、パートタイムで掛け持ちをする方も結構いますが、子供がと英語が好きな人にとって大変やりがいのある仕事であることは間違いありません。

J-shine取得講座はどんなことを学ぶの?

例えば「フォニックス」。英単語の発音を学ぶ方法のひとつで、英語圏の子供はこのフォニックスで英語の読み方学びます。フォニックスでは、ABCはエービーシーでなく「ア・ブ・ク」と読みます。DOGは「ドゥ・オ・グ」つまりドッグ。基本的な読み方を学び、色々な例外・ルールもあるので並行して学んでいきます。テンションの高い講師陣のもと、ゲームやカードを用いた実践的な内容の授業はとてもハードだけど楽しいものですよ!

また実習もあり、オーストラリアの幼稚園や小学校でアシスタントとして働くこともコース期間中に含まれています。現地の学校は校内でお菓子が売っていたりと大変自由な雰囲気。子供たちも積極的に発言しています。日本の小学校とは全然違う、いいところも悪いところも実際に見て比較できるので、今後教える際の経験として必ず役に立つでしょう。!

※シドニーでは子供に関わる仕事をする場合、Working With Children Checkの申請を行います。申請には2つの身分証明証が必要であり、一つはパスポート、もう一つはの現地の銀行口座になります。観光ビザで留学予定の方も、現地の銀行口座を開設しますのでご注意ください。
詳細はブログ記事「シドニーでJ-shineコース受講する方必須 Working With Children Check」をご参照ください。

シドニーでJ-Shine資格講座を受講するメリット

J-Shine資格は日本で取得することも出来、費用(授業料)もシドニーで取得する場合と大きく変わりません。

日本で取る場合は、大手英会話教室に通いますが、一般的な英会話の授業に資格用の授業が組み込まれているコース編成で、資格取得までに一年程度かかります。または通信教育ですが、机上での勉強で実際に教える技術が身に着くか疑問です。

一方シドニーでJ-Shine資格講座を受講する場合、現地での実習も含め、6週間みっちりロールプレイングや実践的な授業なので、終了後すぐに英語を教えられる技術が身に付きます。※カセットデッキ一つあればいつでもどこでも授業が始められる技術と言われています。また就職の面接では模擬授業を求められることもありますが、落ち着いて対応出来るでしょう。

つまりシドニー受講のメリットは『短期間で』『実践的な』技術を身につけることができるところです。また、外国で生活しながら勉強するので、異文化経験(エクスチェンジ、地元のオーストラリアの人達との交流、日本語以外の言語体験、ホームステイなど)が積めるのももう一つの大きな魅力です。

シドニーでJ-shineを受講できる学校

ラ・リングア

La Lingua(ラ・リングア)は、シドニーシティー、タウンホール駅そばの語学学校。
会話中心の授業で人気。いろいろなシチュエーションで実際にオージーが使う英語のフレーズやイントネーションが学べます!!

ih

ih (International House Sydney – Teacher Training & Professional Centre、インターナショナル・ハウス・シドニー ・ティーチャー・トレーニング・アンド・プロフェッショナル・センター) は、シドニーシティー、タウンホール駅近くの語学学校。
この学校にはネイティブ向けの英語教師養成コースもあり、本格的に英語教師養成コースで学びたい!! という方には TESOL (英語教師養成)コースがオススメ!!

レッツ ※現在コースを休止中です。

LETS (レッツ)はシドニーシティーのタウンホール駅近く、J-shineが取得できる児童英語コースで人気のある語学学校。
J-shineを取得できる児童英語コースは非常に厳しいですが、最短6週間で取得可能。パートタイムの英会話コースや日本語教師養成講座もあります。

それぞれ特徴があるので、迷っている方はDKまでご相談ください!!
時期によっては学費キャンペーンを行っていて、お得に通える学校もあります!!

DKでJ-Shine資格講座を手配するメリット

DKではオーストラリア中のあらゆる学校を手配出来る留学代理店ですが、実はDK東京オフィスのスタッフはシドニーのJ-Shine資格講座がある語学学校のスタッフとして勤務していたことがあります。

J-Shine取得を取得できる学校の知識はどの代理店にも負けないと自負しています!

また、ご自分で直接シドニーのJ-Shine講座のある学校を申し込むことも出来なくはありませんが、DKを利用して申し込めば出発前・出発後のあらゆるサポートが付いてきます。
もちろんDKで申し込んでもかかる費用は同じ(学費だけ)です。直接ご自分で手配するメリットは一つも無いと思いますので、ぜひDKをご利用下さい。

J-Shine資格を目指そうと思った方は、お気軽にカウンセリング(来社または電話)をご予約下さい♪

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら
2017 夏休み小中高生向け短期留学募集スタート!
シドニーでトリマーになる!グルーミングを学ぶ!
シドニーでトリマーのスキルを身につける!グルーミングを学ぶ!
2017春休み中高生向け短期留学募集スタート!
英語圏への大学進学を費用面で諦めている人必見!D2Dパターンで学士を取得!
ケンブリッジ検定
英語力が伸びる!ケンブリッジ検定コースまとめ

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ