シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

お知らせ

在日外国人(中国人など)向けのオーストラリア留学

2016.02.20


外国籍の方のオーストラリア留学準備は日本人と違った方法になります。
学校や滞在先・ビザなど、在日外国人の方のオーストラリア留学をサポートを出来るのは日本でDKだけです!

main

ビザ申請サポート

DKでは日本にいらっしゃる在日外国人のオーストラリア留学をサポートしております。
在日外国人のかたも観光ビザでのオーストラリア滞在・短期留学、または学生ビザでの長期留学が可能です。特にビザ申請方法は複雑なので、DKの留学サポートをご利用ください。

在日外国人のオーストラリア留学・観光ビザ/学生ビザ申請実績多数

これまで在日中国人を中心に、ベトナム・インドネシア・モンゴル・ネパール・コロンビアなど、多くの在日外国人のビザ申請をサポートし取得しております。

※ほとんどの方はビザ取得出来ていますが、ビザを保証するものではありません。申請条件を満たさない・健康に問題がある・犯罪歴があるなどで取得出来ない場合もあります。取得の可能性について、まずはご相談ください。

豪州政府認定ビザコンサルタント在籍

DKシドニーオフィスにはオーストラリア政府に登録・認定されたビザコンサルタントが在籍しております。ビザコンサルタントと連携を取りながらビザ申請を行っているので、安心してご利用いただけます。
オーストラリア留学・移民エージェント登録番号【MMIA, MARN, 0101666, 0955235】

留学サポート

DK東京オフィスでは、オーストラリア留学の学校手続き・出発準備もサポートしております。東京近郊の方は直接お会いして、遠方の方も電話やメールでサポートしております。スタッフはオーストラリアワーホリ・留学経験者です。

日本出発までのサポート詳細(東京オフィス)

またシドニーに現地オフィスがあります。現地での悩みはDKシドニーオフィスでご相談に乗ります。シドニーオフィスには日本人スタッフだけでなく、中国・タイ・インドネシア人のスタッフもおりますので、日本語はもちろん各国の言葉でご相談いただけます。⇒ 現地到着後のサポート詳細(シドニーオフィス)

現地到着後のサポート詳細(シドニーオフィス)

サポート対象国

アセスメントレベル2・3の在日外国人の方が対象。観光または学生ビザでの留学が可能です。
中国・台湾・タイ・ベトナム・インドネシア・モンゴル・ネパール・コロンビア・ブラジル・マレーシア・ペルー・フィリピン・シンガポール・など

サポート料金

在日外国籍の方のオーストラリア留学サポート料金は以下になります。
なお以下サポート料金以外のビザ申請にかかる実費(オーストラリア大使館へ支払うビザ申請料、健康診断料、各種書類取得料、翻訳料など)はご本人様負担となります。

  • 観光ビザでの留学サポート:19,800円(税込)
  • 学生ビザでの留学サポート:49,000円(税込)

※観光ビザは、ビザ申請のみのご依頼も受け付けております。
※学生ビザでの留学サポートは、ビザ申請や学校・滞在先の手配など留学に必要なサポートを全て含みます。

申し込み方法

ますは詳しくご希望をお伺いし、ビザ取得の可能性についてご相談に乗ります。
※初回相談は無料です。
※サポート料金はご相談後、正式にご依頼いただいた時点でお支払いいただいております。

以下からお問い合わせください。東京オフィスにお越しいただいてカウンセリング頂くと一番良いですが、遠方の方は電話・メールでも承ります。

DKへお問い合わせ

在日外国籍の方のオーストラリア留学体験談

良くある質問 ~Q&A~

観光ビザでオーストラリア留学出来ますか?

通常は3か月以内の留学なら観光ビザでOKです。学生の方は大学の春休み・夏休みなどに観光ビザでオーストラリア留学される方が多いです。また本格的に長期留学する前に、一度観光ビザで現地に行ってみるのもオススメです。
オーストラリアの観光ビザ(676ビザの場合)は書類での申請になります。パスポートや申請フォームなどの提出が必要になり、時間もかかりますのでお早めにご準備ください。

『アセスメントレベル』とは何ですか?

オーストラリアの学生ビザは、サブクラスと呼ばれる570~576番までのクラスに分けれ、就学目的に合わせたビザ申請が必要となります。例えば、語学学校留学をする場合はサブクラス570、専門学校はサブクラス572、大学・大学院(コースワーク)はサブクラス573、大学院(リサーチワーク)はサブクラス574に該当します。

また、ビザ申請にあたり、留学生の国籍が5段階にレベル分けされています。これは アセスメントレベルと呼ばれ、このレベルによって学生ビザ申請の手続きが変わってきます。レベル1が最も申請・取得しやすく5が最も難しくなります。 アセスメントレベル は各サブクラスごとにあり、以下の表のようになっています。

アセスメントレベルの例(2010年12月現在)

国籍 英語学校 TAFE・専門学校 大学・大学院
(コースワーク)
大学院
(リサーチワーク)
日本 1 1 1 1
インドネシア 2 2 2 2
中国 3 4 4 2
香港 1 1 1 1
台湾 1 2 1 1

*香港籍・台湾籍の方は中国籍の方とは異なるアセスメントレベルになります。

アセスメントレベル1以外の場合、英語学校、専門学校/TAFE、大学/大学院にて就学する際に、オーストラリア国内から最初の学生ビザを申請することはできません。 最初の学生ビザは必ずオーストラリア国外で申請する必要があります。

つまり、オーストラリア国内で「ワーキングホリデー・ビザから学生ビザ」や「観光ビザから学生ビザ」への切替えはできません。オーストラリア国外にて学生ビザを申請取得し入国、その後オーストラリア国内で再度学生ビザを更新(延長申請)することは可能です。

この規則を知らずに「オーストラリアに入国後、オーストラリアで学生ビザ申請をしよう」と考えている留学生からのご質問を度々いただきますが、この場合は「学生ビザ申請のために一度オーストラリア国外に出国しなければならない」という余計な航空券の出費が必要となりますのでご注意ください。

ビザ申請料金の支払い方法は?

ビザ申請料金はオーストラリア大使館へ支払います。料金はオーストラリアドルで毎年変わりますので、その都度確認してお伝えしております。
支払い方法はビザの種類によって最適なものを、ビザ申請サポート時にご説明しております。
※ちなみにが郵便為替でも支払い可能です。詳しくは『郵便為替について』をご覧ください。

ビザの申請期間は?

観光ビザ

ビザ取得までの期間は、申請書類を提出してから最低4週間以上かかります。書類や学校の手配なども含めてサポートは3か月以上前にお申し込みください。

学生ビザ

ビザ取得までの期間は、申請書類を郵送してから最低3ヶ月以上かかります。書類や学校の手配なども含めてサポートは6か月以上前にお申し込みください。

「再入国許可書」とは?

在日外国人の方が海外留学する場合の、日本への再入国許可書について簡単にご説明します。オーストラリア留学のために日本を出国する場合、再入国許可を持っていないと、もともとの在留許可の効力がなくなり、日本へ再入国する際に再び一からビザを取得し直す必要が生じてしまします。しかし、再入国許可を持っていれば、日本を出国しても在留許可の効力が切れずに(元の在留許可の効力が続いたまま)再び日本へ入国できます。また外国人登録もなくなりません。なお、一度取得した再入国許可の期限は3年(特別永住者の場合は4年)です。残りの在留期限がそ3年以下の方は、在留期限を超える期間の許可はとれません。

この再入国許可書に関連してよくご質問いただくのが、以下の内容になります。
すでに再入国許可を持っている方がオーストラリア留学をして、留学中に有効期限が切れてしまう場合、どうすればいいのか??
この場合は、留学前にあらかじめ地方入国管理局へ再申請しておけば、有効期限が残っていても新しく3年の再入国許可がおります。また、シドニー領事館では1回に限り再申請を認めているので、どうしても時間がない場合は、現地での更新もできます。

在日外国人の方の留学保険加入について

長期の留学・ワーキングホリデーでは、風邪を引いたりケガをすることもあるかと思われます。また、貴重品の盗難に遭う可能性も日本と比較すると高いです。このような万一のトラブルに対処するため、可能であれば留学保険に加入しておくことをオススメします。
留学保険について詳しくは オーストラリア留学ガイドの留学保険について をご覧ください。

AIUの留学保険では、在日外国人の方の加入も可能です。条件は以下の通り。

  • 再入国許可書を所持していること
  • 外国人登録証を所持していること
  • 死亡保険が5000万円を上限とするプランであること

となっています。

DK 東京オフィスではAIUの留学保険案内も行っています。
留学保険についても お気軽にご相談ください。

その他の在日外国人向けのオーストラリア留学

2016/02/20/
在日外国人(中国人など)向けのオーストラリア留学
2016/02/13/
【体験談】 カツネイさん(在日中国籍の方)
2016/02/13/
【体験談】 トウタクさん(在日中国籍の方)
2016/02/12/
【体験談】 コウホランさん(在日中国籍の方)
2016/02/12/
【体験談】 ボロルさん(在日モンゴル籍の方)

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ