シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

コラム

ワーホリでオーストラリアへ行った場合の就労(アルバイト)の実情

2016.09.09


sushipic

オーストラリアへワーホリを利用して渡航しようと思ったら、就労を考える人が多いでしょう。なんといってもWorking(働きながら) Holiday(休暇をとる)ですから。

漠然と、オーストラリアに行ったら適当に探して働けばいいや・・・。
こんな風に考えて放浪の旅のようにかっこよく考える人もいるかもしれませんね。

でも放浪の旅はそれはそれで思い出に残るかもしれませんが、やはり現地に行くと現地での生活(お金)が必要になってきます。十分な資金があるならもちろん働かずに一年を過ごすことができます。

しかしワーホリビザとは、海外で働けるたいへん貴重なビザなのです。しかも時間無制限で。学生ビザでは週20時間までですし、観光ビザでは働けません。お金がある人でも、人生経験を積むためにも、ぜひとも働いてほしいものです。

さて、働くと決めたら職探しを始めましょう。多くの人が、『オージーの同僚スタッフに囲まれて働いていくうちにたどたどしい英語がだんだんと流暢になって行く・・・♪』という充実した就労ライフを想像するかもしれません。

しかし、そんなに甘くありません。自分は外国人なのです!自分が選ぶというより、自分は選んでもらう立場だということをより強く自覚しておく必要があるのです。

私(DK東京スタッフのO)は日本の某飲食店勤務の経験がありますが、たまにたどたどしい日本語で外国人からアルバイトをしたい旨の電話を受けることがありました。
しかし、日本人からの応募もたくさんある中、ちゃんと日本語が話せない人の採用は電話の時点でお断りしていました。
一方、近所のローソンでアルバイトしている南米系の学生?アルバイトはなんともきれいな発音で日本語を話す上に、敬語もバッチリ使えるのです!

外国人でも日本語が話せれば問題ありません。
同様に、日本人でも英語が流暢に話せるなら仕事はいくらでもあります。勤勉で知られる日本人ならなおさらです。

しかしワーホリに行きたい理由の第一位は『英語をはなせるようになりたい』です。もちろん、すでに流暢に英語を話せる人は皆無と言えます。

ではオーストラリアではどこで働けるの?となりますが、あるんです。

それは日本人が経営する日本食レストランで、それはもうたくさんあります。しかも料理やサービスの質が高いので大人気。
客はオージーがメインで、その味やサービスを求めて大繁盛しています。

こんな店ならいつも求人があり、英語力がほとんどなくても採用してもらうのは簡単です。
オーダーを取るくらいの英語力があればホールスタッフとして、なくてもキッチンハンドとして、日本人のオーナー・上司・同僚に囲まれて、英語を全く使わずに働くことができるからです。
このような理由からワーホリメーカーは最初に日本食レストランで働くことが多いです。

もしくは日本人が経営する日本人相手のお土産店など、まるで日本と変わらない日本語に囲まれた環境で、就労している人がたくさんいるのです。

だったら『就労の中で英語に触れて英語力を伸ばそう!』という計画はあきらめるしかないのか・・・。そんな必要はありません。だって自分でオーストラリアで英語を話せるようになるぞ!と、決意を持って行くんですよね?

だったら日本にいるうちから、できる限りの英語の勉強をして行き、すこしでも英語環境のととのった就労先で働くことを目指しましょう。

例えば韓国人オーナーが経営する日本食レストラン。英語力がちょっと低くても『日本食について詳しい』という強みがあって、求人難な店であれば案外雇ってもらえます。
上司・同僚が韓国人、客がオージーとなれば、共通語は英語のみ。『働いていくうちにたどたどしい英語がだんだんと流暢になって行く・・・という充実した就労ライフ』も夢ではありません。

また、あなたがワーホリでホームステイをするという場合には、ホストファミリーと親密になれば、『友人(オージー)がやっている和食屋さんで急きょ人を探してるんだけど・・・』などと思わぬ職探しの手助けとなってくれる場合もあるかもしれません。

それと大事なのは人脈。語学学校で出来た友人が帰国することになり、働いていた店から『だれかいい人いない?』と言われ、紹介してもらう。この『紹介で仕事をゲットする』パターンは結構多いです。

英語環境の仕事探しに必要なのは一に英語力、二に人脈だと思います。

なので、ワーホリに行く前は出来るだけ英語力(主に聞く力)を高めておき、ワーホリ開始後通う語学学校で多国籍の友人を数多く作ることが、ワーホリの就労環境を良くする最大のポイントとなります。

日本人の少ない学校は例えばコチラ⇒AICE


DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆
2017/05/10/
Demi Pair(デミペア)ってご存知ですか?
2017/05/02/
残り5名!3年連続参加者も!CPILS夏のジュニアキャンプ(小5~高3)募集開始!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ