シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアへのワーホリで現地についたら必ずしなくてはならないこと3つ

2016.09.09


タックスファイルナンバー

オーストラリアへワーホリで行くことになった場合に、日本でしておかなければいけないこともたくさんありますが、オーストラリアへ行ったらしなければいけないこともたくさんあります。

それでは実際にしなければいけないことってなんでしょう?
観光?世界遺産見学?コアラに触れる?
はたまた荷物整理?いやいやそんなことじゃありません。
もちろんそういったことも当然済ませたいでしょうが、その他にもしなければいけない大事なことがあるのです。

それは着いたらまずは3か月以上滞在する場合には、オーストラリアの大使館や領事館といったところなどに、①在留届を出しておくことが必要です。

在留届・・・めんどくさいな~んて考えてはだめです。
例えばあなたがオーストラリアで事件や事故・災害や紛争に巻き込まれたら、安否確認はどうやって行いましょうか?
身内や知人にはどうやって知らせましょうか?

こんなときにとても役に立つのが、在留届なのです。
そのためあなたを守る大事なことの一つとして、在留届をきちんと提出しましょう。

さらにワーホリでオーストラリアに行くことになった場合に、当然潤沢な資金があればそれはそれでいいですが、やはり就労ということを考えないといけない場合もたくさんあるでしょう?

そんな時稼いだお金をどうやって管理しますか?
不安だから自分の手元に置いておく?
シェア文化のオーストラリアでは不可能に近いですね。
やはり自分のお金は銀行で管理してもらうほうが安心だし、就労先だって給料は口座振込みが多いです。

ということはオーストラリアでの預金口座というものが必要になりますね。
到着したらこういった②銀行口座の開設もきちんと考えておきましょう!!

またオーストラリアで働く場合は、現地の人、外国人、ワーホリに関わらず、必ず③納税者番号(Tax file number)の取得が必要になります。ネットで申請が出来、パスポート番号と住所などを入力し申請すると、数週間後に入力した住所に郵送で届きます。

万が一オーストラリアで初めの滞在先をユースホステルなどにしてしまって住所未定なDKご利用者は、DKシドニーオフィスを住所にしていただいてかまいませんよ~♪

DKシドニーオフィスで受けられる無料サービスはコチラ⇒現地到着後のサポート

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia