シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

いまさら聞けない?オーストラリアのワーホリビザの取得条件と、ワーホリビザで出来ることまとめ

2016.09.09


オーストラリアのビザ

海外に行くことになった場合に、絶対にやっておかなかければいけないことの一つに、ビザの取得があります。
このビザの取得、例えばワーホリでオーストラリアに行く場合のビザでは、一体どのようになるのでしょうか?

ビザに関してちょっと考えてみましょう。ビザとは日本語で『査証(さしょう)』と言い入国許可証のことです。
それに対しパスポートは日本国民だという身分証明書です。日本のパスポートは信用度が大変高く、観光くらいの短期滞在なら、ビザ不要でパスポートのみで入国できる国も多いのですが、オーストラリアへの入国は何かしらのビザが必要です。
多くは観光ビザ・ビジネスビザ・学生ビザ・ワーホリビザなどでオーストラリアに入国します。

オーストラリアへワーホリに行くことになった場合、ワーキングホリデービザと呼ばれるものを取得することになります。

ワーホリビザの取得条件

①ビザ申請時18歳~30歳であること

ビザが下りた日から一年以内にオーストラリアに入国すればよく、
・1月1日生まれのAさんが30歳最後の日(12月31日)に申請
・1月1日に31歳になる
・例えば1週間後の1月7日にビザが発給される
・翌年の1月7日までに入国すればOK(Aさんは32歳になっていますね!)
ということになります。
ただしオーストラリア行きの飛行機は夜出発&朝到着が多く、その場合1月6日には出発しないといけませんのでご注意を。

②ビザの申請日・発給日ともにオーストラリアにいないこと

観光ビザでオーストラリアに入国し、もっとこの国に居たい!と思っても、いったん帰国するなどオーストラリアを出てビザを申請して取得しないといけません。

③一生のうち、1か国1回

ワーホリビザで出来ること

①一年間オーストラリアに滞在出来ます。その期間は出入国は何度も可能ですが、よその国にいた期間もビザの利用期間にカウントされます。オーストラリアのワーホリ中、お隣のニュージーランドに2ヶ月旅行にいったり日本に一時帰国していたとしても、オーストラリアに2ヶ月多くいられるわけではありません。

②同じ企業・雇用主の下ならば、6ヶ月間の就労が出来ます。労働時間に制限はありません。

③最高で4ヶ月間学校(政府に認可を受けた、学生ビザが取れる種類の語学学校など)に通うことが出来ます。
その他習い事のようなスクールや講習に制限はありません。

このようにワーホリビザというのは発給に条件(健康に問題がないということや、簡易の人物検査で性格的・人物的に問題がないということ、さらに生活をするための資金もある程度は蓄えていることなど)はありますが、年齢さえクリアしていればほとんどの人が簡単に取れるビザです。

しかも一生に一度、期限付き。よく考えて決断してほしいです。

背中を押してほしい人はコチラ⇒無料相談(カウンセリング予約)

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia