シドニー専門留学&ワーホリのDK
到着時あるとウレシイ!豪ドルプレゼントキャンペーン実施中☆

コラム

ワーホリを利用してオーストラリアの文化を学ぶ

2015.12.16


日本と違う文化・生活を体験して視野を広げたい、だからワーホリで現地人と暮らすという人や、海外の職場を体験して、将来のためのスキルアップをしたいという人、ワーホリを利用する目的は人それぞれ違います。

ワーキングホリデーとは、18歳~30歳までの人を対象に、協定を結んだ二国間で、最長1年間相手国の言葉や文化を学び、お互いの交友関係を築き上げていくという目的で発足した制度です。

滞在期間中に旅行はもちろん、学校での勉強、滞在資金を補うためのアルバイトも認められています。ただ、一つの学校や雇用先での就学・就労には制限がありますので、語学や仕事という目的だけに偏らないようにしなければなりません。

ワーホリのビザは各国で年齢や人数制限などがあります。ビザの発給は各国ごとに一度しかないチャンスですが、オーストラリアのみ、セカンドワーキングホリデー制度があり、2年間の滞在が可能です。ワーホリを利用してオーストラリアに行く人が多いのはこのためかもしれませんね。

現地での交流を楽しむ第一歩は、なんといってもまずは挨拶です。「こんにちは」「はじめまして」といった基本的なものから、簡単な自己紹介を練習して行きましょう。「ごめんなさい」や「わかりません」といった言葉ももちろん必要な言葉ですが、「この国が大好きです」や「綺麗ですね」といった積極的な言葉は、温かい交流を楽しむのに大いに役立ちます。片言とはいえ言葉には力があり、相手の気持ちをほぐし、「親しくなりたい」という気持ちを伝えることが出来ます。

日本では見ることが出来ない綺麗な景色を見るのも楽しいですが、違う文化の人との交流も素敵な思い出作りになりますし、新たな自分を発見したり、学んだり出来る、かけがえのない経験になります。

せっかくワーホリで行くんですから、現地の人と親しくなる機会を大いに活用したいものです。覚えた言葉を積極的に使って色んな人と親しくなろう、という心の準備も大切です。現地の人たちはきっと温かく迎えてくれると思います。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia