シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアのワーホリ今昔

2015.12.16


一昔前のワーホリと言えば、インターネットもなければ代理店もなく、ガイドブックを持って現地入り。手探りでワーホリ生活をスタートしていました。というと、現在のワーホリ事情から考えると、嘘のような話しですよね。
オーストラリア入りして、ワーホリや留学生が集まるお店の貼り紙などをたよりに、アコモを探したり、アルバイト先を探したり、旅行に出かけるときも、インフォメーションセンターで資料をかき集めたりといった風に、自分で一歩一歩進んでいくのがワーホリの原点でした。

今では、ワーホリスタートの前には、インターネットで検索しない人はいないし、代理店を通してアレンジをしてもらわない人も減っています。

代理店では、語学学校などからキックバックがあるため、利用者側では無料で利用できるのがいいんです。

無料で利用できるため、こちら側のリスクはほぼゼロ。どちらにしても、現地に入ってから、学校とアコモデーションに関してのアレンジを行わなければならないため、最初にある程度決めてから出かけた方が、楽という考え方もあります。

国内のデスクでは、無料ワーホリ相談やカウンセリングもあるので、ワーホリに関して不安に思っている人は、話しを聞いてもらうだけでもほっとできます。

代理店を探すときは、契約している学校数が多いところ、創立以来実績のあるところなど、特徴のあるところを選ぶのも大切です。

ワーホリは手段。ワーホリでスタートして仕事を探して就職する人もいれば、大学へ留学する人もいます。

今も昔も、ワーホリは個人個人のやり方次第で、さまざまな可能性につながっていく大切なはじめの一歩です。

ワーホリの申込みが終わったからと言って、現地で自分なりの行き方を見つけるまでは、まだまだ安心はできません。

チャレンジすれば、何らかの結果がついてくるのも、海外ならでは。失敗を恐れずに、なんでも飛び込んで見てみる精神が、海外経験を成功させる鍵です。

ワーホリの方向性をある程度決めていれば、大学の契約が多い代理店を探すこともできるし、英語取得がメインの目的なら、英語環境をサポートしてくれるところを探せばいいのです。

カウンセラー自身がオーストラリア経験が長く、状況が分かっている人であれば、細かい情報を集めることもできるので、無料相談会やカウンセリングなどには積極的に参加してみるといいでしょう。

日本でのカウンセリングだけでなく、現地でも気軽にオフィスに寄って、話しができる代理店も大切です。

予算は限られているという人は、代理店を通すことで、学費が割引になったりするキャンペーンなども見逃せません。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/11/12/
Scots English Collegeにて発音矯正のカリスマによるPRONCOMコースがスタートします!
2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia