シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアのワーホリと過ごし方

2015.12.16


ワーホリの定番といえば、オーストラリアとカナダ、ニュージーランドといった国を想像する人も多いでしょう。

ワーホリ制度で渡航可能になった国は増え、英語圏では他にもイギリス、アイルランドといった国にも受け入れ態勢が整ってきました。

ワーホリで英語圏に渡航する人の大半は、英語を身につけることを目標にあげています。英語圏での生活では英語は必須ですから、日本で勉強していただけではわからない、生きた英語を学ぶことができます。

オーストラリアのワーホリの人気は、豊かな自然環境と、広い国土、親日家の多い環境などが理由としてあげられるでしょう。

アメリカ大陸にも通じる、大陸的な国民性に触れ、現地の生きた英語を学びながら、海外での就業経験が詰めるというのが、オーストラリアのワーホリならではの醍醐味でしょう。

ビーチに、ブッシュにとアウトドアライフを目いっぱい楽しみながら、英語力、海外における生活力を身につけて、ひとまわりもふたまわりも大きい自分に成長できます。

ワーキングホリデーメーカーの典型的な1年間の過ごし方は、まずはオーストラリア国内の都市部へ入り、そこでフラットを探して住所を定めます。

それから語学学校に数週間から数か月の間の申込みを行って、英語の授業を受けながら、アルバイトやパートの仕事を探すといったやり方です。

中には、語学学校がアレンジするホームステイに入って、オーストラリアの家庭に入り、家族の一員として過ごす人もいます。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2019/09/04/
日本人がほぼいない!学校のご紹介
2019/07/02/
2019/7/1、ビザ申請費値上げ!
2019/07/01/
大学生ならまだ間に合う!夏休みフィリピン短期留学☆
2019/04/26/
夏のフィリピン短期留学、続々と埋まっています!
2019/04/19/
語学学校SELCのディレクターさんに来社いただきました!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia