シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアでワーホリすれば確実に学べるか

2015.12.16


ワーキングホリデーとは、海外で休日を過ごし、その間の資金を海外で獲得する形態のことを意味します。
海外で働くことで、自然にその現地語を学ぶことができるということですね。
外国語を身につけるには、現地で過ごすのが一番と言われていますし、その間の資金も稼ぐ事ができますので、一石二鳥とも言える方法です。
この方法では、働く力も身につきますし、実践的な英語力も身に付ける事ができます。

ですが、単純にワーキングホリデーを楽しめばいいというわけではありません。
人気のあるオーストラリアなどでワーホリをする予定の方もいますが、人気なだけに失敗談もあります。
それは観光地などで人気のオーストラリアですので、せっかくワーホリに言っても日本人が多くあまり学べないパターンです。
元々一定集団では同じ声質の人たちが集まる傾向にありますし、その方が交流も楽なものです。とはいえ、現実的にせっかく海外にワーホリに行っても日本人の集まりなどにいってしまっては、外国語を学ぶことはできません。

オーストラリアが観光地としても有名ですし、日本人にも人気の高い地域です。
それだけに、自然に日本人の多い環境にもなってしまっているのです。
そういった自体を回避するには、あえて日本人のいない環境にするしかありません。
ワーホリは自分のみでもいく事ができますが、有効にオーストラリアでワーホリをするのでしたら、紹介会社など仲介を依頼するのが便利です。
時間は有限ですし、こういった学生時代の過ごし方は社会人になってしまっては味わえないものです。
その為、そういった時間を有効に使うためには、やはりサポートも大切なのです。

実際オーストラリアにワーホリにサポート付きで行った場合、日本人のいない場所に案内してくれます。英語圏にいくのだから、当然いく場所も英語中心だろう、そういったイメージは危険です。
その為、あえて英語環境を指定する必要もあるのです。
こういったシステムはきちんとしたワーホリをする上で便利なものになっています。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia