シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアのワーホリで注意しなければいけないこと

2015.12.15


ワーホリは政府間協定で行われることですので、自由度は高いのですが決まり事もあります。
オーストラリアのワーホリで注意しなければいけないことの一番のことは、ワーホリを利用できる年齢には制限があるということです。
オーストラリアのワーホリは18歳から30歳の若者を対象にしています。
あなたが知らない間に対象年齢を超えていた場合には、もうオーストラリアのワーホリは利用できませんし、来年18歳になるのだからと言って17歳ではワーキングホリデービザは取れません。

また、ワーキングホリデービザには毎年定員があります。
先着順で定員に達すると年齢が18歳から30歳でもワーキングホリデービザは発行されません。
30歳で最後のチャンスにワーキングホリデービザを利用して、オーストラリアに行きたいと思っても今年はもう受け付けていないっていうことがある場合があるので、注意が必要です。
ですから、ワーキングホリデービザを使おうと思っているなら、早めの情報チェックと中徳が欠かせません。

オーストラリアには様々な観光スポットもあります、シドニー、メルボルン、エアーズロック、グレートバリアリーフ、パースなどオーストラリアの広大な観光地を回るための準備も必要です。
ワーホリでオーストラリアにいったん入国したら出国するとワーホリの権利が切れるというわけではありませんから、オーストラリアを拠点にニュージーランドに行ってもいいですし、南太平洋の島々を旅行してもいいのです。

特に南太平洋の島々やニュージーランドはオーストラリアから行くのが便利ですから、オーストラリアにワーホリ滞在中に訪れる人が多いようです。

語学留学目的でワーホリを利用する人の多くは、生活費などをアルバイトで稼いでもいいので、積極的に仕事を探す人もいます。
オーストラリアにいる1年間に最高6ヶ月間の就労が認められています。
留学目的で普通のビサの場合はアルバイトなどはできません、就労は厳しく制限されるものなのです。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2020/02/26/
【一括見積の恐怖】電話がひっきりなしにかかってきました(-_-;)
2020/02/20/
【実録】年長さんの4人に1人が英語を習っていた!
2020/02/19/
オーストラリアの格安SIMは日本の半額以下です!
2020/02/07/
TAFE(テイフ) 7月入学の願書提出始まっています!(2/20くらいまで)
2020/01/28/
フィリピン春入学キャンペーン☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia