シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

ワーホリならオーストラリア

2015.12.16


ワーホリで行ける国は、今や10か国以上になりますが、その中でおススメなのが、オーストラリアです。
何故かと言うと、オーストラリアは日本に負けずと劣らず、大変治安の良い国だからです。

初めての海外生活なら特にそうですが、暮らしが安心できませんと、そこにいてもストレスが多くなってしまうのみです。でもオーストラリアの場合、治安もいいですし、また衛生面、医療面でも世界レベルに達していますので、安心です。
オーストラリアなら、水道水がそのまま飲める国ですが、海外ではそう滅多にないことです。

また嬉しいのが、万が一の時には日本語が通じるのがオーストラリア。ですから、生活面での心配がほとんどありません。
それプラス、オーストラリアにしかない、美しい自然、動植物、また世界遺産がありますから、時間がいくらあっても足りない、という感じになってきますよね。

そこで、ワーホリがあれば、滞在期間中、自由に行動できますので、仕事がしたければバイトがありますし、語学や資格の勉強をすることもできますし、短期の観光旅行では味わえない異文化交流をゆったりと楽しめます。

ところで、語学勉強をしに、英語を勉強をしに、オーストラリアに行くのはどうでしょうか。
みなさんもご存知のようにオーストラリアの英語はなまっています。なまっている英語を勉強をしにいくのは嫌だとおっしゃる方も確かにおられます。
でも、どうでしょう?言語は生き物のようなので、時代の流れとともに表現の仕方、言い回しは変わっていき、標準語を話していると思われる国や地域でも、そこ独特のなまりはあるものです。
ですから、それをなまりと見るか、個性としてみるか、の問題なのかもしれません。

オーストラリアは古くから、移民を受け入れてきて、多民族国家なので、そこで話される英語は、誰もが分かる簡単な、話しやすい英語となっています。
またオーストラリア国民も多言語を学ぶことを積極的にしています。日本語もその一つです。ですので、異国の文化、言語をお互いに吸収するという点で、オーストラリアは、恵まれている環境ということができるでしょう。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia