シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

ワーホリ制度と、オーストラリアのワーホリを申請する場合について

2015.12.16


ワーキングホリデー(ワーホリ)の制度とは、ビザの一つで、観光ビザ、留学ビザ、学生ビザ、就労ビザとは異なった、若者限定の特別なビザです。
対象者は、日本人の18歳から30歳までの若者。
海外でバイトをしながら、旅行したり、語学学校に通ったりすることのできる、自由度の高いビザになります。というのは、通常海外では就労ビザがない限り、原則仕事ができないのですが、でもこのワーホリがあれば、お金を稼ぎながら、語学も学べるという、とても便利なビザです。

このワーホリ制度は、日本とオーストラリアで1980年からまず始められました。
その後、1985年にはニュージーランド、1986年にはカナダ、1999年韓国、フランス、2000年にはドイツ、2001年には英国、2007年にはアイルランド、デンマーク、2009年台湾、2010年香港、で取得することができるようになっています。

このビザの発給を受けるには日本にある先方政府の大使館、または領事館に申請することになりますが、大使館では一人一人のワーホリのビザ取得のサポートができません。それで一般の会社を通してワーホリを申請することになっています。

では、ここでビザ取得までの流れを、オーストラリアの場合を例として説明しておきましょう。

オーストラリアの場合、HP上からのオンライン申請が可能です。
有効なパスポートを用意して、大使館のホームページで申請します。
申請時に必要なものは、有効なパスポートとクレジットカードです。
申請料は365ドルとなります(2013年7月)。
申請後は、オーストラリア政府、移民・市民権省 DIACで審査され、申請が通ったら、ビザ発給通知書を取得することになります。
そして、入国時にそのパスポートを提示したらワーホリビザで入国できます。

申請時の注意点ですが、場合によっては、健康診断受診が必要なことがあります。
また入国の際、パスポートを入国審査官に提示するだけでよいですが、念のためビザ発行通知書のコピーを所持しておくようにしましょう。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/11/12/
Scots English Collegeにて発音矯正のカリスマによるPRONCOMコースがスタートします!
2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia