シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアでワーホリする時の注意事項

2015.12.15


オーストラリアのワーホリは二国間の協定に基づいて、18歳から30歳までが利用できるワーキング・ホリデー査証(ビザ)です。
だから、17歳では取れませんし、31歳でも取れません。
17歳は時間が過ぎるのを待てばいいだけですが、31歳の人はもう一生利用出来ない仕組みなのです。

ですから、ワーホリの計画は早めに立てたほうがいいのです。
ワーホリを利用する人の中には、大学入学したとたんに準備に入って、休学の手続きをとって在学中にオーストラリアに旅立つ人もいます。

若い時期をどのように有効に使おうと、それは人それぞれ、ワーホリの協定を結んでいる国は、オーストラリアの他には、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国、香港、ノルウェーの12カ国で、25歳までという日本人を対象にしたYouth Exchange Schemeビザのイギリスも現在はYouth Mobility Schemeとなって、対象年齢が18歳から30歳になっています。

しかし、ワーホリは定員があるので注意が必要です。
ビザについては7月1日から翌6月30日までを年度として、年間の総発給数が定められています。
最近は定員数を越えることは少ないと言われていますが、いつ状況が変わるのかは予想がつくものではあり※オーストラリアの場合は現在は定員がありません。ません。
全世界からのオーストラリアへワーホリで渡航している人は毎年20万人と言われています、ワーホリを使っての南半球での生活というのはオーストラリアの他ではニュージーランドでしか体験できません。

オーストラリアでワーホリを考えるときには、インターネットでの申請になり、申し込みの際にクレジットカードが必要となります。
本人のクレジットカードである必要はありませんが、ワーホリを計画しているのなら早めに自分のクレジットカードを用意しておくことがオススメです。
オーストラリアではクレジットカードが身分証明書のかわりになることが多いからです。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/11/12/
Scots English Collegeにて発音矯正のカリスマによるPRONCOMコースがスタートします!
2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia