シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

コラム

オーストラリアからワーホリで日本に来ている人も多い

2015.12.15


ワーホリでオーストラリアが人気の理由は、オーストラリアからワーホリで日本に来ている人と知り合ったことが切っ掛けになる人も多いからだと言われます。

わざわざ日本にワーホリを利用して日本に来るくらいなのですから、親日家という場合が多いのは当然かも知れませんが、人懐っこい人が多いようです。
ですから、ワーホリを利用するならオーストラリアという流れが出来ていると思うのです。
そういった意味ではワーホリで人気のある国は、親日家の人が多い国なのかも知れません。

若いうちにワーホリの1年間をフルに使おうと思えば、大学を休学してという人もいるでしょう。
オーストラリアに行く前に日常会話くらいは出来るようにしておきたいと言う人も多いはず。

もちろんまったく英会話が出来ない状態でオーストラリアに行ってもいいのです。
ワーホリにはまったく英語が話せるなどの条件はないのです。
自然に会話が出来るようになると無謀な計画を立てる人はいないと思いますが、別に語学学校に通う必要もなく、ただオーストラリアに行ってみるという方法でもいいのです。

しかし、最近はスカイプで日常会話が練習出来る英会話学校もあります。
ワーホリは申請して権利を取得すると、1年以内にオーストラリアに入国すればいいのですから、ワーホリを利用して英会話が出来るようになるという目標を明確にするという方法もあります。

日常会話くらいは出来るようにしてから行けば、オーストラリアに行ってから語学学校に通っても効果が早く出るでしょうし、スカイプで身につけた英語がどれくらい実際に使えるかも分かります。

ワーホリに必要な英会話力というのはなく、まったく英語が話せなくてもワーホリ申請はできます。
ワーホリの申請には留学のようにTOEICで何点以上っていうルールはないのです。

ワーホリの申請には年齢制限の他には、パスポート、オーストラリア行きの航空券、ある程度のお金を持っている証明書、海外旅行障害保険があればいいんです。


DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2017/04/13/
ビザ取り学校に行きたいけどアイエルツを持っていない人に超朗報です!!!
2017/01/13/
バックパッカー税追加情報とワーホリビザが35歳までになる!?【2017、どうなった?】
2016/11/11/
ワーホリおススメ自炊メニューは唐揚げ!オーストラリアのチキンは、胸肉よりモモ肉の方が安いんですよ!
2016/10/25/
【フィリンター】年内入学限定!新築の外部寮が、内部寮と同価格で泊まれるキャンペーン♪
2016/10/18/
3年連続参加者も!CPILS春のジュニアキャンプ(新小5~高3)募集開始!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ