シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

ブログ

7月1日からシドニー(NSW州)の交通ルールが一部変更されました

2008.07.11


2008年7月1日からNSW州の交通ルールが一部変更されました。主な変更点は以下のとおりです。

(1)横断歩道の先が渋滞
子供用横断歩道、歩行者専用横断歩道での待機禁止(横断歩道をふさいではならない)。 罰則:2ポイント減点(スクールゾーンでは3ポイント)と罰金189ドル(スクールゾーンでは243ドル)

(2)白い実線
一定の条件を満たす状況下では、最高100メートルまで:
・ 実線上を走行可能
・ 実線を横断可能
・ 実線の外側を走行可能
罰則:小型車両・大型車両ともに2ポイント減点と罰金189ドル
大型車両がSafe-T-Cam Zoneで違反した場合は、4ポイント減点と罰金972ドル

(3)塗装表示区域
一定の条件下で(道路に出入りする場合、または塗装表示区域の直後に始まる進路変更車線に入る)、最高50メートルまで塗装表示区域を走行可能。舗装表示区域が二重線で囲まれている場合は、走行禁止。
罰則:2ポイント減点と罰金189ドル
自転車利用者:罰金54ドル
同舗装表示区域は、駐車禁止。罰金135ドルが適用。

(4)身体障害者
身体障害者用の特別駐車許可書保持者は、駐車禁止区域に最高5分まで駐車可能。他のドライバーにおいては、最高2分まで駐車可能。
罰則:罰金81ドル 但し、スクールゾーン内では、2ポイント減点と罰金135ドル

(5)安全運転
人または動物を膝の上に乗せて自動車の運転をすることは禁止。 二輪車の運転手は、動物をガソリンタンクの上に乗せて走行することは禁止。
罰則:3ポイント減点(スクールゾーン内では4ポイントの減点)と罰金324ドル(スクールゾーンでは405ドル)

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のブログ

2016/10/12/
イベント情報!Paramatta Lanesが開催中です!
2016/10/01/
シドニーでは2016年10月2日からサマータイムです!
2016/09/29/
バックパッカー税問題、ついに収束!?
2016/09/07/
今年もやってきました!シドニーマラソン2016
2016/08/31/
オーストラリアの5ドル札が新しくなります!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ