シドニー専門留学&ワーホリのDK

何を学ぶ?人気の留学プラン

シデスコを取得!ビューティーセラピー(アロマ・リフレクソロジー・スパ)留学


シデスコを目指す留学

オーストラリアで学べることは英語以外にもいろいろあります。
ここでは日本へ帰国後の就職に活かせるスキルとして、シデスコを取得する留学プランをご紹介します。

CIDESCO(シデスコ)ってよく聞くけど、どんな資格?

エステティック業界で働くことを検討している人、すでに働いている人がさらにステップアップを図るために取得する人気の資格がCIDESCO(シデスコ)。
これがあれば日本だけでなく海外でも活躍するチャンスが生まれます。

まず、CIDESCO(シデスコ)とは、エステティック、メイクアップ、化粧品学などに関する各国のバラツキをなくし、さらに世界的なエステティックの普及と促進を目的として、1946年にベルギーで設立されたエステティックと化粧品学の国際委員会。

本部はスイスのチューリッヒにあり、約30カ国の支部を持ち、技術者の育成やシデスコインターナショナルエステティシャンの認定などを行う、世界でもっとも権威のあるアカデミックな団体として位置づけられています。
この国際的なエステティックの団体CIDESCO(シデスコ)が国際共通基準で認定しているのが「CIDESCO(シデスコ)インターナショナル・エステティシャン」。

CIDESCO国際試験に合格すると、 CIDESCOインターナショナルエステティシャンとして登録されディプロマ楯とディプロマが授与されます。

シドニーの専門学校でCIDESCOを取得する

シドニーの専門学校でもCIDESCOを取得することができます。

オーストラリアの学生だけでなく、様々な国からの留学生とともに学んでみませんか?日本では得られない貴重な体験もできるでしょう。また授業はもちろん英語なので英語力もアップにもつながります。

ビューティーセラピー留学の具体例

ここでは横浜在住のKさんを例に、留学までの流れと予算を見てみたいと思います。

Kさんは日本でOLをされていましたが、夢であった留学を実現させようとお問合せいただきました。
Kさんの希望は単なる語学留学ではなく、将来的に役立つ資格を海外で取得することで。以前から考えていた「アロマセラピーを海外で真剣に勉強してみたい」というご相談でした。

今回ご紹介した学校が、Sydney の Central 駅近くにキャンパスを構える Natural Therapyの カレッジ ANCB(Australian National College of Beauty)。

この学校はオーストラリアのみならず世界中でトップレベルの教育機関として知られ、ビューティーセラピー分野で世界でも数少ない CIDESCO (Beauty Therapist 認定団体) の認定校になるなど国際的に認められた美容スクール。
この CIDESCO 認定コース修了後は CIDESCO 認定資格試験を受験しますが、合格率は95%と海外からの留学生にも人気です。
また、アロマセラピーの分野では英国の国際的団体でもある IFA よりオーストラリアで唯一認定を受けたプログラムを提供していることも特徴の1つです。

簡単にいえば、ANCB ではエステティシャンの分野でオーストラリアだけでなく、日本でも通用する資格・技術が習得可能!!ということで、日本の学生にも人気の学校です。

Kさんはこの年末年始休みに1週間シドニーに滞在し、学校見学をしました(残念ながら学校は夏休み中でしたが、校舎内の見学・具体的な情報集めは可能でした)。
そしてANCBを大変気に入っていただきました。

ANCBのビューティーセラピー留学

具体的な受講希望のコースは以下です。

Diploma of Beauty Therapy (Aromatherapy/ Reflexology Pathway) + International Certification in Beauty and Spa

入学:2月・5月・9月(年度により変わることがあります)
受講期間: 卒業まで1年間。

しかし…問題は入学に必要な英語力です。
現地の学生も多く学ぶ ANCBはで、当然授業についてゆくには英語力が必要です。入学条件もIELTS 5.5 (Academic)相当。
逆にいえば、この学校で勉強することは本人の英語力アップにもつながるということです。

カウンセリングの結果、英語力に少し自信がない…というKさんは付属の語学学校で英語を勉強し、IELTS なしでダイレクト・エントリーをすることになりました。ダイレクト・エントリーには、まず学校のレベルチェック判定テストを受けます。テストの結果、Kさんは付属の英語学校で15週間英語を勉強することを条件に、入学の許可を得ました。

留学の予算

また、今回の詳しい学費は以下の通り。(2012年、1ドル=80円で算出)

学校に関する費用

・英語学校(付属)
学費 $6000(15週)

・ANCB
学費 $15,937 (total) + $6,534.32 = 合計$22471.32

・学生ビザの申請に関する費用
申請料: $550
学生健康保険: $600(1年)

以上合計$29621.32です(日本円で約237万円・1ドル80の場合)

その他に、現地での生活費がかかりますが、学生ビザは週20時間まで就労できるので、現地での生活費に十分充当できます。

ご興味のある方はいかがでしょう か?
さらに詳しく知りたい方は、DK東京オフィスまでお問い合わせください。

2017 夏休み小中高生向け短期留学募集スタート!
シドニーでトリマーのスキルを身につける!グルーミングを学ぶ!
2017春休み中高生向け短期留学募集スタート!
英語圏への大学進学を費用面で諦めている人必見!D2Dパターンで学士を取得!
英語力が伸びる!ケンブリッジ検定コースまとめ

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia