シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

留学・ワーホリ生活で使える!ドンキー君の英語講座

【留学・ワーホリ英語講座その15】 used to do と be used to doing の使い分けを知ろう!


ドンキー君の近況

ドンキー君はワーホリで来豪して17ヶ月目。セカンドワーホリも取得して2年目に突入!!今回もパブで失敗をしでかしたようです。use to do と be used to doing は間違えやすいのでここで勉強しておきましょう。
ドンキー君
先生、昨晩パブで女の子と話をしていたら「Honestly speaking, I don’t like smokers」という話題になりました。タバコを止めた甲斐があったと思って「I‘m used to smoking!!」と答えたところ、それ以降話をしてもらえなくなりました・・・ 今後このような過ちを二度と繰り返さないように、今月もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします・・・

いくこ先生
またパブか・・・でもオーストラリアハタバコが高いし禁煙したのは正解ね。

ドンキー君
この不肖ドンキー、心を入れ替えて勉学に勤しむ所存でございます・・・

いくこ先生
では説明するわよ。

「used to do」は「昔はよく~したものだ」という意味だけど、「be used to doing」は「~に慣れている」という意味。
つまり、「以前はタバコを吸っていたけど今は吸っていない」と言いたいのなら「I used to smoke」と言わなければいけないのよ!!

例えば、「used to do」は子供の頃の話をしているときなどによく使うわ。

eg. When I was a child, I used to get snacks on the way home.
(子供の頃は、帰り道によくお菓子を買ったものだわ)

「be used to doing」は「もう慣れた?」「そのうち慣れるよ」などと言うときに使ったりするわ。

I have to wake up at 6 every morning from now on.
(これから毎日6時に起きなくちゃいけないんだよね)

Don’t worry. You’ll get use to it.
(大丈夫。そのうち慣れるよ)

ちなみに、「慣れる」は「get used to doing」、「慣れている(状態)」は「be used to doing」だから使い分けてね!!

eg. I got used to it. (もうそれには慣れたわ)
eg. I‘m used to it. (今はそれに慣れているわ)

A: DO you mind if I smoke? (タバコ吸ったら気にする?→つまり「タバコ吸ってもいい?」)
B: No, not at all. (全く気にしないよ→つまり「全然OK!!」)

また「Do you mind」の後に「~ing」が続くと「あなたが~するのを気にしますか?」つまり「~してもらえませんか?」という意味になるわ。

A: DO you mind opening the window? (窓を開けてもらえる?)
B: No, no problem. (いいよ)

最後に、この「mind」を使った言い方は「Can you~?」「Can I~?」を使った文章よりも丁寧な表現になるわ。「Can you~?」「Can I~?」の場合は普通に「Yes」で答えればOKよ。

ドンキー君
なんか、使い方がわかって、やる気になってきたぞ!! やる気モリモリ!!

いくこ先生
英語を聞くとき、話すとき、やっぱり『文法』が大切になってくるのよ!! 文法がわかれば自分の言いたいことがもっと言えるようになるわ!! 他にもいろいろ間違いやすいポイントがあって・・・ この続きはまた!!
次回は会話の中でよくある間違い ~「to」の使い方~よ!! お楽しみに!!

ドンキー君
えっ、ケチ臭いなあ・・・ 今、教えてくれてもいいのに・・・「used to do」と「be used to doing」の違いが分かったから、前回習った『「Do you mind~?」と質問されたら何て答えるの??』も復習しとこう!!

いくこ先生
習った文法は実際使ってみることが一番大事よ!! それにはワーホリや語学留学がおススメ!! 詳しくはDKのウェブサイトを見てね!! じゃあまたね!!

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他の【留学・ワーホリ向け】ドンキー君の英語講座

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ