シドニー専門留学&ワーホリのDK

オーストラリア留学・ワーホリ 準備情報

インターネット事情


インターネット事情

今回は、オーストラリアのインターネット環境について

オーストラリアのインターネット環境は少し前までは ISDN 回線が主流だったりと日本と比べて遅れていましたが、最近では ADSL が普及しとても便利になりました。現地で情報を集めたり、日本の家族・友人と連絡を取るために、ワーキングホリデー・留学生にとってインターネット環境は 必須でしょう。ここでは現地オーストラリアでインターネット環境をどのように手に入れるか?についてご説明します。

ノートパソコンを日本から持込む場合

最近はノートパソコンを日本から持込む方が多いです。シドニーでは、ほとんどのシェアハウスに ADSL 回線が引いてあり、シェアメイトと回線を共有するため費用も安くなります。モジュラーも日本と同じタイプの家が多いため、パソコンにモジュラーケーブルをつなぐだけで利用できることが多いです。ノートパソコン利用には以下の点にお気を付け下さい。

変圧器

オーストラリアの一般家庭で使われている電話は220Vです(日本は120V)。しかし、現在発売されているノートパソコンであれば、ほとんどが海外対応 のアダプターになっています。AC電源の裏に100V-240Vと書いてあれば、そのまま使えます。ない場合には変圧器を用意する必要があります。

電源プラグの変換アダプター

日本とはコンセントの形状が異なるため、購入の必要があります。日本で大きな電気店に行けば購入できます。シドニー現地でも売っていますが、価格が高いので日本で複数個調達しておくことをオススメします。

モジュラープラグの変換コネクター

現在ほとんどの家では日本と同じモジュラープラグを使用していますが、一部環境ではオーストラリアのモジュラープラグになっています。この場合はパソコンにモジュラーケーブルをつなぐため、変換プラグが必要になります。

インターネットカフェを利用する場合

日本と同じく、オーストラリアには多くのインターネットカフェがあります。インターネットカフェの仕組みは日本とさほど変わらず、1時間4~5ドルほどで利用出来ます。日本語に対応しているパソコンは少ないですが、留学生も頻繁に利用しています。DK シドニーオフィスでは、インターネットを無料でご利用いただけます。シドニーにお越しの際はお気軽にご利用ください。

ワイヤレスブロードバンドを利用する

シドニーではいろいろなプロバイダーがワイヤレスでインターネットを利用できるサービスを提供しています。ノートパソコンを持込んでいれば、このサービス の利用もできます。例えば、日系プロバイダーでは、携帯電話のレンタルと一緒に利用すると、毎月2GBのダウンロードで月$49(約5千円)、携帯モデムも無料(3か月以上の利用)などのサービスも用意しています(2008年7月現在)。場所を気にせずに利用でき「シェアハウスにネットがなく、自分のためだけに回線を引くのは費用がかかる」「ラウンドなどでオーストラリア国内を移動し続ける」という方にはオススメです。

DKなら1日中英語で生活できる!
「英語環境にこだわる」本物の留学・ワーキングホリデーなら

とにかく英語圏の国へ行けば英語が話せるようになる、英語力が伸びると思っていませんか?

オーストラリアやカナダ・アメリカなどは英語が公用語です。
そういった国へ留学・ワーホリすれば当然英語で生活するんだろうと思いますが…
実際はほとんど日本語で生活出来てしまうのが現状です。

DKなら英語環境で留学・ワーホリできます 詳しくはこちら

その他のオーストラリア留学・ワーホリの準備 完璧ガイド

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia