シドニー専門留学&ワーホリのDK

お知らせ

オーストラリアのビザ申請にあたり、書類を英語に翻訳したい

2016.03.23


NAATI翻訳はDKまで

オーストラリアのビザ申請をする際、日本語の書類は英語に翻訳する必要があります。

例えば戸籍謄本。
Birth Certificate(自分の出生を証明するもの)として最も良く使用されますが、これも日本語なので翻訳する必要があります。

オーストラリアには公的な翻訳資格があり、NAATIと呼ばれます。
NAATIの資格を持った翻訳家の翻訳であれば、ビザ申請などの公的書類の翻訳にも安心。オーストラリア大使館も推奨しています。

DKではそのNAATIの翻訳を行っております。
ディファクトなどパートナービザの申請、18歳未満の方の留学ビザ申請など、翻訳が必要な場合にはDKのNAATI翻訳をご利用ください。

年間100件以上のご依頼を頂き、実績豊富。
安心してご利用頂けます。

料金やご依頼方法は、「NAATI翻訳@DK」 ホームページをご覧ください。

その他の出発準備について

2016/03/23/
オーストラリアのビザ申請にあたり、書類を英語に翻訳したい

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia