シドニー専門留学&ワーホリのDK

お知らせ

配偶者(妻や夫)・子供など家族と一緒に留学

2016.03.23


オーストラリアの学生ビザは、申請者の配偶者(妻や夫)・子供といった家族を申請者の学生ビザに参加させること可能です。

つまり、ご家族で留学することが出来るのです。

家族を伴った申請ができる申請者の条件は以下の通り。

・ アセスメントレベル1・2の申請者
・ アセスメントレベル3・4の申請者で、12か月以上の学校コースを申し込んだ、または12か月以上  オーストラリアに滞在したことがある。

※申請条件は変わることもあります。ご相談ください。

なお、「家族」の定義は以下の通りになります。
・ 結婚関係にある配偶者
・ ディ・ファクト(事実婚)関係にあるパートナー
・ 18歳未満の結婚していない子供

日本ではディ・ファクト関係の証明は難しいので、実質「結婚関係にある配偶者」と「子供」になります。

なおビザ申請者の配偶者は、週20時間まで就労することができます(ビザ申請者の学校開始後)。
また、3か月まで就学ことができます。もし3か月以上就学したい場合は、別に学生ビザを取得する必要があります。

DKではご家族での留学(学生ビザ申請)の実績も豊富です。
日本人同士のご夫婦はもちろん、日本人と外国人の国際結婚ご夫婦の実績もございます。
お気軽にご相談ください。

※配偶者が外国人の場合、外国籍の方のビザ申請に相当します。詳しくは在日外国人向けサポートをご参照ください。

その他の学生ビザについて

2016/10/26/
学生ビザでの語学留学でホリデーは取れるの?
2016/04/09/
学生ビザの場合、英語学校には毎週20時間以上通わないといけないの
2016/04/09/
OSHC の料金って保険会社で違うの?
2016/04/09/
ワーホリから学生へビザ申請中は仕事をしてもいいの??
2016/04/09/
学生ビザで学校が終了したら、いつまで滞在できるの??

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia