シドニー専門留学&ワーホリのDK

お知らせ

子供をオーストラリアの小・中・高校に入学させる

2016.03.23


子供をオーストラリアの公立小学校に通わせたいという方も増えてきているようです。

移民局のAssessment Level が1、または2(日本は1です)の国であれば、NSW Government Primary School(公立の小学校)に入学可能。入学にあたり、英語力は問われません。

本人が学生ビザを取得することはもちろんのこと、両親のどちらかが Guardian Visa を取得して、子供と一緒に滞在することも条件となります。

※18歳未満の人が学生ビザを取得するには、必ず保護者としての Student Guardian が必要になります。子供が18歳未満で親子でオーストラリアに滞在することを希望する場合、子供が Student Visa で学校に通い、親は Student Guardian Visa を取得して同居する、という方法があります。Student Guardian Visa については DIAC のサイト Student Guardian Visa で条件・申請方法をご確認ください。

※このビザで注意していただきたいのは、親が子供を残してオーストラリアを離れることができないということ。実際はできるのですが、一時的に代わりの Student Guardian を探したり、子供の学校から承認書類を発行してもらったりといろいろ手続きが必要になりますのでご注意を。

※ビザ申請の条件は頻繁に変わります。その都度移民局へご確認ください。

しかしながら、申し訳ないのですがDKでは小・中・高校の留学サポートを行っておりません。ご興味のある方は、NSW Department of Education and Trainingをご参照ください。

ちなみにNSW で最近 International Student の受入れを行った公立小学校の例は以下のようです。

●Parramatta East Public School
●Oatlands Public School
●St Ives Public School
●Gordon East Public School
●Thornleigh West Public School
●Belmore South Public School

その他の学生ビザについて

2016/10/26/
学生ビザでの語学留学でホリデーは取れるの?
2016/04/09/
学生ビザの場合、英語学校には毎週20時間以上通わないといけないの
2016/04/09/
OSHC の料金って保険会社で違うの?
2016/04/09/
ワーホリから学生へビザ申請中は仕事をしてもいいの??
2016/04/09/
学生ビザで学校が終了したら、いつまで滞在できるの??

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia