シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

よくある質問

Q.オーストラリアは報道の自由が保障されているのか?そして日本は?


オーストラリアの報道の自由

オーストラリアの報道の自由

ニューヨークに本部を置く米人権団体・国際 NGO の Freedom House から FREEDOM OF THE PRESS が毎年発表されています。

は世界195の国と地域を対象に政治、経済、司法の指標から「報道の自由」がどの程度保障されているかを総合的に評価したもの。

まず2009年の状況を国別に 分析してみました。

「自由」「やや自由」が67%を占め、最下位の北朝鮮、181位の中国など、64ヶ国(33%)が「自由なし」に分類さています。

なお、上 位は北欧の国々が占めています。

ニュージーランドが11位、アメリカが24位、カナダ・イギリスが27位、日本はアジア地域でトップの33位、オーストラリアは38 位、韓国66位。

報道の自由度の高い主な上位の国々

2009年度版

(1位) アイスランド
(2位) フィンランド、ノルウェー
(4位) デンマーク、スウェーデン
(6位) ベルギー、ルクセンベルク
(8位) アンドラ、オランダ、スイス
(11位) リヒテンシュタイン、ニュージーランド、パラオ
(14位) エストニア、アイルランド、ジャマイカ、セントルシア
(18位) ドイツ、モナコ、ポルトガル
(24位) チェコ、リトアニア、アメリカ
(27位) バルバドス、カナダ、コスタリカ、イギリス
(32位) バハマ
(33位) オーストリア、ベリーズ、ハンガリー、日本、ミクロネシア
(38位) オーストラリア、フランス
(43位) 台湾
(49位) ポーランド、スペイン
(66位) 南アフリカ、韓国

2012年現在では、以下のような順位になっています。

2012度版

1位 Finland, Norway, Sweden
4位 Belgiume
5位 Denmark, Luxembourg, Netherlands, Switzerland
9位 Andorra
10位 Iceland, Liechtenstein
12位 St. Lucia
13位 Ireland, Monaco, Palau
16位 Germany, Marshall Islands, New Zealand, Portugal, San Marino, St. Vincent and Grenadines
22位 Estonia, Jamaica, United States of America
25位 Barbados, Canada, Costa Rica, Czech Republic
29位 Bahamas, St. Kitts and Nevis
31位 Australia, Austria, Belize, Micronesia, Slovakia, United Kingdom
37位 Cyprus, Japan, Malta

オーストラリアは31位、日本は37位です。
ちなみに近隣国では68位韓国、70位香港、187位中国、192位イラン、197位北朝鮮。

さて2016年度は以下になります。

2016年度版

1位 Norway Free 9
2位 Belgium, Finland, Netherlands, Sweden
6位 Denmark
7位 Andorra, Luxembourg, Switzerland,
10位 Liechtenstein
11位 Iceland, Monaco, Palau, St. Lucia
15位 Estonia, San Marino
17位 Costa Rica
18位 Ireland
19位 Marshall Islands, St. Vincent and Grenadines
21位 Barbados, Canada, Jamaica, Portugal
25位 Germany, New Zealand, St. Kitts and Nevis
28位 Czech Republic, Micronesia, United States
31位 Bahamas, Belize
33位 Australia, Austria, Lithuania, Malta, Slovenia
38位 Cyprus, Grenada, Slovakia
41位 United Kingdom, Uruguay, Vanuatu
44位 Dominica, Japan, Taiwan

近隣国では66位韓国など。

日本は原発報道などが影響しているようで、徐々に順位を下げています。
しかしながらオーストラリア・日本共に、他国と比較するとある程度の報道の自由が保障されていると言っていいでしょう。


DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ