シドニー専門留学&ワーホリのDK
到着時あるとウレシイ!豪ドルプレゼントキャンペーン実施中☆

コラム

オーストラリアへのワーホリと実際の現地生活

2015.12.16


オーストラリアへのワーホリと実際の現地生活というのは、現実にどのような生活になるのでしょうか?

オーストラリアへワーホリに行く場合、必ず必要なのは現地での生活拠点ですよね。
そこでオーストラリアへワーホリをしようと思った場合の、ライフスタイル・・・住居のイメージをお伝えしようと思います。

まずオーストラリアへワーホリに行く場合に、一番思いつくのはホームステイでしょうか?
ホームステイというのは、例えばすでに現地に住んでいる人々の住居の、一部を間借りのような感じで利用させてもらい、ある意味共同生活を送るような生活のことを言います。
この場合はそのホームステイ先の家族のルールなどがあるので、それをきちんと理解することが大切です。

さらにその他にもホームステイと同じようなスタイルで、シェアハウスというスタイルもあります。
このシェハウス・・最近日本でもチラホラ増えてきていると言われるので、知っている人もいると思いますが、いわゆる1つの建物を数人で一緒に借り、一人ひとりがその建物の一部屋を使って生活する方法をいいます。

さらにワーホリというと、よく思いつくのがバックパッカーではないでしょうか?
このバックパッカー・・例えばワーホリなどの短期生活をする人たちのために、一つの部屋にいくつかのベッドが並べられており、キッチンやトイレ、シャワーなどを共同で利用する生活スタイルのことを指しています。
バックパッカーはあくまで一時的なものと捉える方がいいかもしれませんね。

さらにこの他のワーホリ利用者の生活場所・スタイルとして、マンスリーやウイークリーで建物を借りる方法もあります。

このようにワーホリを利用した場合の生活方法というのは、いろいろとありますが、自分はどの生活スタイルが合っているのか、よ~く検討してから決めるようにしましょうね。
でないとせっかくの海外生活のチャンスが、残念な思い出ばかりになってしまいかねませんよ。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2018/06/01/
DK 初!現金プレゼントキャンペーン☆
2018/03/08/
SCE【Sydney College of English】2018 夏休みジュニアホリデープログラム募集開始!!
2017/09/04/
ビザ取り学校の倒産
2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia