シドニー専門留学&ワーホリのDK

コラム

オーストラリアにワーホリをするための資金の内訳は?

2015.12.16


ワーホリに用意するお金は、一般的には、100万円~200万円といわれますが、現地に到着してすぐアルバイトが見つかる保証がないので、50万円ほどのギリギリのお金では危険です。

ワーホリ経験者に聞けば、100万円を準備資金として用意しても・・・
ワーホリ中にすべての観光地を観光し、海外気分を満喫したい、日本には異世界の文化にも触れたい、その土地土地の美味しい食事も味わいたい、お友達ができれば付き合いもある?!
で、何かとお金がかかり、アルバイトに精を出した方もいらっしゃるみたいです。
100万円を頑張って準備した方も、「もっと用意しておけばよかった」と後悔しつつ帰宅されたも多いようです。
ですので、充実したワーホリ生活を過ごすためにも、十分な資金を用意しておきましょう。

では、何にどれくらいのお金が必要になるのか、目安になる金額を紹介したいと思います。
外せないのが、ワーホリビザ申請費用として、20,000円、航空券代金として、片道約50,000円として往復で100,000円、海外傷害保険として、1年間で150,000円、語学学校の費用として約600,000円となります。
この金額は、おおよその金額になりますので、あくまでも目安として考えて下さいね。

この準備金以外にも、持って行くときに使用するスーツケースやバックパックの購入、洋服にスキンケア化粧品、メイク道具など細々したものも必要になりますので、現地で使用するものを準備するのにもお金が必要になります。
想像以上に、思っているよりもお金がかかることを覚えておきましょう。

ワーホリ一番人気のオーストラリアやカナダには、日本からの観光客も多く、ガイドとしてアルバイトすることができます。
生活費が足りなくなったときは、効率の良いアルバイトを探し、生活費にあてましょう。

そのためには、オーストラリアではシドニー、カナダでは、世界で最も住みやすい街といわれるバンクーバーで生活すると良いですね。

DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2020/02/20/
【実録】年長さんの4人に1人が英語を習っていた!
2020/02/19/
オーストラリアの格安SIMは日本の半額以下です!
2020/02/07/
TAFE(テイフ) 7月入学の願書提出始まっています!(2/20くらいまで)
2020/01/28/
フィリピン春入学キャンペーン☆
2019/11/29/
リピーター多数!春のフィリピン10泊11日ジュニアキャンプ募集開始☆

このような方は、DK留学サービスにご相談ください

  • カウンセリングをしっかりやってもらいたい
  • 留学/ワーホリ先の候補地の一つとして、シドニーを考えている
  • 専門学校(TAFE)で学び、キャリアアップ/キャリアチェンジにつなげたい
  • 学費の安い学校を探したい
  • インターンなど、英語プラスαの留学・ワーホリをしたい
  • 余分なサービスはいらないから、最小限の費用で留学・ワーホリしたい

お問合せ

カウンセリング(無料相談)お申し込みはこちらから

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

  • tafe
  • university of techology sydney
  • unsw
  • macquarie university
  • cquniversity australia