シド二―専門の留学・ワーホリエージェント DK [サポート料金無料]

受付時間:10時〜18時(月〜金)
電話番号:03-6755-7693

コラム

オーストラリアは最初にワーホリの協定締結

2015.12.16


オーストラリアは1980年に日本と最初にワーホリの協定を締結して、30年以上の歴史がある国です。ワーホリというのは略した言い方で、省略しないとワーキング・ホリデー(Working Holiday)となります。

二つの政府間同士取り決めで、相互にワーキング・ホリデー査証(ビザ)を発行し、若者の交流をはかり有効関係や相互理解を促進させることを目的にしています。

ワーホリで一番人気があると言われているのがオーストラリアで、いろいろな国とのワーホリ協定を結んでいますが、毎年約9,000人がオーストラリアに渡航していて、ワーホリの約半数を占めています。
ワーキング・ホリデー査証(ビザ)で渡航している若い人は、約20,000人弱というわけです。

日本の大学生は毎年280万人程度ですから、まだまだワーホリを利用している人は多いと言えません、ワーホリは30才の誕生日まで利用できるビザなので、大学時代に利用する理由もないのですが、大学進学率が50パーセント前後の日本では、まだまだワーホリ利用者は多いとはいえないのかもしれません。

ワーホリでオーストラリアが人気になっているのは、セカンド・ワーキング・ホリデーの仕組みがあるのも理由だと言われています。
これは指定された仕事に3ヶ月間就業すると、セカンド・ワーキング・ホリデーのビザがもらえて、滞在期間を1年から2年に延長出来るというもので、ワースト・ワーキング・ホリデーと区別されています。

オーストラリアは自然豊かな観光国のイメージが強く、人ものんびりとしたイメージです。危険というイメージがないのもワーホリでの人気を支えている理由でしょう。

魅力的な観光地も多いので、旅行をしながらのんびりオーストラリアを一周してみるという楽しみ方もあるのです。
英語が出来るかどうかは、ワーホリを利用する時には関係ありません。
留学ではないので、言葉が通じないということでワーホリのビザが取得できないということはないのです。


DKではシドニー留学・ワーホリ情報をSNSで発信しています。最新の現地情報やお得な学費割引も!今すぐFaceBookをいいね!またはTwitterをフォローしよう!

その他のコラム

2017/07/20/
現地でも帰国後も就職に有利!ホスピタリティ英語コースのご案内☆
2017/06/09/
ワーホリビザが使えない人必見!週一日の通学でOKの専門学校☆
2017/05/10/
Demi Pair(デミペア)ってご存知ですか?
2017/05/02/
残り5名!3年連続参加者も!CPILS夏のジュニアキャンプ(小5~高3)募集開始!
2017/04/13/
ビザ取り学校に行きたいけどアイエルツを持っていない人に超朗報です!!!

少人数でアットホームな説明会、またはベテランスタッフによる充実の個別カウンセリングはこちら。

DKにしかできない留学・ワーホリがある!DKのサポート内容が良く分かる資料を無料でお届けします。

※資料請求後の電話による勧誘は一切ありません。ご安心ください。

英語環境にこだわったオーストラリアシドニー留学ならDK

DK東京オフィス代表の小林三博DK東京オフィス代表の小林三博です。シドニーには3年滞在し、留学業界で10年以上働いています。
皆さんが留学・ワーホリする目的は何でしょうか?そして将来どのようになりたいのでしょうか?
ぜひDKまでご相談ください。最高の留学・ワーホリプランを一緒に考えましょう。スタッフ一同「全力」で、みなさんの留学・ワーキングホリデーをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

03-6755-7693
営業時間:10時~18時(月~金) 休日:土・日・祝日

資料請求・カウンセリング・お申し込み

シドニーDK

1997年の創業より18年の実績・これまでに1万人以上をサポート

まだ留学やワーキングホリデーを気軽に出来なかった1990年代。そして留学エージェントも少なかった1997年に、DKはシドニーで創業しました。創業当時よりオーストラリアのシドニー専門、手数料無料で運営しております。

創業以来、少しずつオーストラリアの学校と信頼関係を築き上げ、現在はほとんどの語学学校・専門学校・大学の正規代理店です。特に国立大学の正規代理店は少なく、DKがオーストラリアの教育機関から信頼されている証です。

主な提携先語学学校・カレッジ・大学

シドニー語学学校一覧 留学・ワーホリ完璧ガイド TAFE進学 大学進学 DKブログ 「今」をお届け!留学生ブログ